Pocket

レジ精算不要の「Amazon Go」スーパーがいよいよ、来年から実店舗展開へ。

 

AmazonGo

出典:http://business.newsln.jp/news/201612060012100000.html

 

先日、「Amazon dash button」のニュースが日本でも話題となり、ボタン1つ押すだけでその品物が簡単に注文できてしまうシステムが発表されたばかり。

今やネット通販が当たり前になり、「配送の期日」で競争をする時代から、むしろそんなパソコンやスマホを広げ、決済方法を入力する「手間」をも省く新サービスの到来(ワンプッシュ注文)に驚いていたのもつかの間、今度は「レジ精算不要」のスーパーがAmazonから登場するようです。

 

今朝、レジ精算不要の「Amazon Go」スーパーがいよいよアメリカにて実店舗展開をする。そんな、ニュースが飛び込んで来ました。

 

ママに取って小さな子供を連れての「スーパー」での買い物、余計に時間は掛かるし、夕方のラッシュの時間帯であればさらにお会計に長蛇の列…

買い物するだけでも、もう「うんざり」な気分です。

 

レジ精算不要という事は、こんなスーパーでの「煩わしさ」から開放されるのでしょうか?

であれば、私達ママにとっては「朗報です!」

 

そんな「煩わしさ」が消える「Amazon Goの仕組み」を少しご紹介しましょう。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

Amazon Goの「仕組み」

 

「客は商品を手にとって、持ち帰るだけでOK」 これが、「Amazon Go」スーパーのコンセプト。

 

その為に、店舗に入る前にスマホで「認証」を受ける必要がありますが、これは1回受けてしまえば、後は不要です。

そのまま店内で必要な商品を手に取り、バック等に入れて持ち帰る。ただ、それだけ。

店内で取扱のある商品は手に取るだけで、コンピュータービジョンが商品の形や重さを見分け自動認証。その場で精算が行われ口座から自動引き落としされて、お会計が完了。

また、1度手にとったものでも棚に再び戻せば精算には含まれないとのことです。

 

AI(人工知能)が発達し、数年後には現在人間が行っている仕事がAIに取って変われると予測されていますが、「ロボット接客」では無くそれを通り越し、レジ精算不要の時代が来るとは…

これには、本当に脱帽しました。

 

Sponsored Link

 

 

 

精算不要のデメリット・メリットとは?

 

メリットは…もちろん

■レジ精算が無い為、(お客様は)迅速に買い物が出来る

■時間を無駄にすることがない

■(お店側)の人件費削減

■万引きの防止

 

 

デメリット

■雇用の削減(失業の増加)

■電子機器のトラブル時の対応

■災害時の対応

 

といった所でしょうか。

 

いよいよ、来年アメリカ本土に店舗がオープンする「Amazon Go」

日本での展開はまだ未知ですが、オープン時にはまた大きな話題を呼びそうです。