Pocket

【お花見】コーデ、座りはパンツ&デート服はスカートで厳選ファッション。

お花見、コーデ、パンツ、スカート、デート服、ファッション

 

東京では、桜が満開を迎え、これから迎える「週末」に「お花見」を計画している人も多いのでは無いでしょうか?

 

一言で「お花見」と言っても、一緒に見る相手、楽しむ相手/どこでどんな風に見るかは、人それぞれ。

 

なので「お花見コーディネート」もTPOによって異なったコーディネートを心がけましょう。

・恋人と「お花見」を楽しむ際の「デート服」

・仲間や家族と「お花見」を楽しむ際の「(シートに座る前提での)パンツスタイル服」

 

今日は、大まかに2パターンに分けて「お花見コーデ」を作成していきたいと思います。

 

Sponsored Link

【お花見コーディネート】の注意点。

まず「お花見コーディネート」の注意点として、まだこの時期は「寒暖の差が激しい時期」の為、

基本、着脱が簡単なアイテム中心にコーディネートしておくことが【お花見コーディネート】のポイントになってきます。

 

「アウター」などの、羽織物は日中暖かくても必ず持って出かけるようにしましょう。

夜まで「夜桜」を楽しむ場合は、「アウター」は必須です。

 

特に、この週末は雨予報で&首都圏では平均気温を下回る予想となっていますので、「お花見」での服装に、+防寒対策を必ずしていきましょう。

 

「冬物」のコートをもう既にしまってしまった…

という方は、「マフラー」や大きめの「ストール」を持っていくと良いでしょう。

お花見、コーデ、デート服、パンツ、スカート、ファッション

「首」を温めるだけで、体感気温は変わってきますし

「シート」に座って「お花見」をされる方は、ブランケット代わりもになるのなるので、とても重宝しますよ。

 

【お花見】コーディネート、シート座りなら動きやすいパンツで。

家族や友人達とワイワイ、「シート」に座って「お花見」を楽しむ方も多いのではないでしょうか。

「シート」に座っての「お花見」になると、日中でも本当に足が「底冷え」しますよね。

 

また、特に子供が一緒の「お花見」だと「立ったり…座ったり…」動く回数が多くなるので、このような「お花見」には、動きやすくて暖かい「パンツスタイル」のお花見コーディネートがオススメです。

 


お花見、コーデ、パンツ、スカート、デート服、厳選

長時間座ると、割と窮屈な「デニム」

「シート」に座ってのお花見には、「ゆったり」シルエットの「パンツ」や、長時間座っても窮屈にならないストレッチ入の「パンツ」、シワにならない素材の「パンツ」がオススメです。

 

こちらのコーディネートでは、ゆったり履ける腰回りにタック入りの「テーパードパンツ」をセレクトしました。

またトップスも、着脱がしやすい「カーディガン」をチョイス。

お花見の「桜色」にも負けないラベンダー色で、春を意識したコーディネートに。

 

コットンシルク リブVネックカーディガン ¥16,000+税(詳細はこちら)

 

お花見、コーデ、デート服、パンツ、スカート、

もう一方は、流行りの「ベーカーパンツ」を主役にしたコーディネート。

 

インナーも「ニット」、「アウター」の素材感も少し重くして、防寒対策のコーディネートに。

「パンツ」1枚では寒い場合、太めのシルエットパンツだと、中にタイツやレギンスを履き込むことも出来るので、気温に応じて対応してくださいね。

【洗える】ハイウエストベイカーパンツ ¥9,800+税(詳細はこちら)

 

 

【お花見】コーディネート、デート服なら女性らしい「スカート」で。

「お花見デート」のコーディネートであれば、もちろん主役は女性らしい「スカート」で。

 

「彼氏」や「旦那さま」に「可愛い」と思って貰える、スペシャルな「お花見コーディネート」にしていきましょう。


お花見、コーデ、パンツ、スカート、デート服、ファッション

桜のピンクに合わせて、全身のコーデを「淡い色」で纏めた【The デート服】

 

女性らしい「可愛さ」と「品のある」コーディネートに仕上がりました。

 

まだ寒い時期なので、素足+パンプスでは肌寒く

足元のコーディネートに悩みますが、「ストッキング+パンプス」を基本として、あまりにも寒い日などは「タイツ+ショートブーツ」のコーディネートにも代用可能です。

 

ヒートカットジャガードスカート ¥11,000+税(詳細はこちら)

 

お花見、コーデ、パンツ、スカート、デート服、ファッション

少しラフな「デート服」には、ロングプリーツスカートとカーキのブルゾン、フラット靴という組み合わせはいかがでしょうか。

 

【ロングスカート】は、寒さが厳しければ「タイツ」と合わせることが出来る、防寒ファッションアイテム。

 

こんな感じの「ライトグレー」の軽さのあるお色であれば、ロング丈でも重く見えません。

カーディガンは、ライトグレーと同系色のライトブルーで合わせ、引き締め・アクセントに、やや強めの「カーキ色」をブルゾンに合わせました。

 

「お花見」ということで、沢山歩く前提で、靴は「歩きやすいフラット靴」

フラット靴とロングスカートとのバランスも◎です。

カットデニムプリーツスカート ¥6,372(税込)詳細はこちら

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

これから本格的シーズンを迎える【お花見コーデ】をパンツ・スカート、アイテム別にオススメのコーディネートをご紹介しました。

各アイテムにリンクを貼っていますので、アイテムの詳細を知りたい方は是非チェックしてみてくださいね!