Pocket

【レディース】スポカジ、30代・40代のおしゃれコーディネート2019

レディース、スポカジ、ファッション、30代、40代、コーディネート

 

先日某アパレルセレクトショップを覗くと、沢山ライナップされていた【スポカジ】アイテム。

 

昨年から引き続き、人気のスポーツMIXコーディネートですが

2019年は一気にブレイク・大流行の予感がします。

 

ですが、30代・40代の女性がコーディネートすると

「どうしても、スポーツジム感が拭えない…」「どーやってコーディネートしたら、よいか分からない」という話をよく聞きます。

 

そこで今日は、30代・40代の女性でも失敗しない【スポカジ】コーディネートをコツをお教えします。

 

Sponsored Link

【スポカジ】ファッションとは?

【スポカジ】とは、「スポーツカジュアル」の略で、「スポーツテイスト」なお洋服をタウンユースで着るファッションという事です。

 

元は、「アディダス」や「ナイキ」…と言った、いわゆる大手スポーツブランドのファッションをタウンユースで着こなすコーディネートが発祥ですが、

今では「GU」や「H&M」といった大手ファストファッションブランドもこの【スポカジ】ファッションを大きく取り上げ、一大ブームとなっています。

AAAの宇野実彩子さんの【スポカジ】コーディネートCMもめっちゃ可愛いですよね!

 

こんな感じに程よく「スポーツ」テイストのアイテムを取り入れたコーディネートであれば、タウンユースで着用しても浮かずに、オシャレに着こなせます。

 

 

【レディース】スポカジファッション、30代・40代が失敗しないコツとは?

大人気の【スポカジ】ファッションですが、30代・40代が”ただただ普通に着る”と「ジム着」になってしまいまうので、注意が必要です。

 

では一体、何をポイントに【スポカジ】ファッションをコーディネートすれば良いのでしょうか?


■ポイント:その1 「スポーツアイテムは2個にするべし」

流行っているからと言って…全身「スポーツアイテム」だらけのコーディネートにすると、ただ単なる「スポーツコーディネート」に。

「スポーツテイスト」と「カジュアル」な部分を持ち合わせるのが、【スポカジ】なので、パンチのある「スポーツアイテム」は多くても2個までにとどめましょう。

 

Sponsored Link

■ポイント:その2 「スポーツアイテムと合わせるアイテムは、出来るだけキレイめなものを選ぶべし」

とてもカジュアル度の高い「スポーツアイテム」と中和する為に、それに合わせるアイテムは出来るだけ「きれいめ」なコーディネートが出来るアイテムをセレクトしましょう。

 

例えば…

※フラット靴<ヒール靴

※(フラット靴なら)可愛く見える「ラウンド卜ウ」<シャープに見える「ポインテッドトゥ」

※(パンツなら)ライン太め<ライン細め

※(パンツなら)センタープレス無し<センタープレス入り

 

■ポイント:その3 「バックは出来るだけコンパクトなものを」

【スポカジ】ファッションに合わせる「バック」は、出来るだけ小さく・コンパクトなものを選びましょう。

布製のトートバックのような大きいシルエットのものだと、コーディネート全体がダボ付き、バランスが悪くなってしまいます。

(「スポーツをしに行きます」前提のファッションであれば、問題ないですが。)

 

Sponsored Link

【レディース】スポカジ、30代・40代のおしゃれコーディネート2019

では、上記であげた3つのポイントを元に、30代・40代向け【レディーススポカジ】ファッションを実際にコーディネートしていきましょう。

 


2019年は「チャンピオン」熱が再来しています。

 

その「チャンピオン」のトレーナーを主役にした【スポカジ】コーディネート。

細身ラインのデニムにトレーナーを合わせ、色がモノトーンなコーディネートなので、アクセントはバックの「レモンライム」のお色。

バックを斜めに下げ、キャップを被れば【スポカジ】コーデの完成です。

レディース、スポカジ、30代、40代、ファッション、コーディネート、2019

NIKE タンジュン スニーカー 6,000円(詳細はこちら)

C/Nキャップ 2,900円(詳細はこちら)

 


30代・40代には、体型カバーにもなるこんな感じの「スポーツテイスト」なマキシワンピースもオススメです。

 

まだ寒い時期は、中にレギンスなどを履けば、防寒にもなって◎

小物は「白」で統一し、黒で重くなりがちなロング丈のワンピースを軽やかコーディネートにしました。

スポカジ、レディースファッション、30代、40代、コーディネート

《NIKE》ナイキ ラン2000 スニーカー 8,500円(詳細はこちら)

バイカラーマーブルサークルピアス 2,800円(詳細はこちら)

 


スポーツブランドのロゴが大体的に入っている、パンツ。

アディダスのオハコ、3本ラインの「スポーツ」テイストが強いジャージ素材のパンツは、全身をモノトーンに纏めると、「スポーツ感」の強いテイストも浮かずに、自然と馴染みます。

レディース、スポカジ、30代、40代、コーディネート、

 


続いては、これまた「スポーツブランド」が大体的に入っている「ブルゾン」

こんな感じの「ロングプリーツ」スカートと合わせると、案外イケます(笑)

レディース、スポカジ、30代、40代、コーディネート、オススメ

 

少し「合わないんじゃないか?」という抵抗感が生まれますが、合わせてみると結構すんなりハマります。

 

足元は、これまた2019年流行りの「メタリック系」のアイテムと合わせて。

「ポインテッドトゥ」で、全身のコーディネートを上手に引き締めます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

単品でみると、「抵抗感」があるアイテムが多い【スポーツ】アイテムですが、ポイントを押さえながらコーディネートすると、タウン着としても浮かない立派な【スポカジ】ファッションになります。

 

 

「スポーツブランド」とコラボをしたアイテムも、アローズやビームスなど大手セレクトショップ中心に2019年は多く展開されていますので、是非気になられた方はチェックして見てくださいね!