Pocket

2017年5月、運行開始 豪華列車「TRAIN SUITE 四季島」

 

1072847

引用元:http://response.jp/article/img/2016/07/05/277981/1072847.html

 

最近メディアにて何かと話題の豪華列車「TRAIN SUITE 四季島」がいよいよその全貌を明らかにしました。

旅行日程は全て「パック料金」、一番豪華なプランで3泊4日/95万円という破格な金額設定にも関わらず、来年の8月運行分まで全て予約が埋まっている…というからこれまたびっくりです。

 

でも私のように、小さな未就学児がいるご家庭にとっては「こんな豪華な列車で少しゆっくり電車の旅でも…」と、夢見る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

やはり時間とお金に余裕のある、リタイア層に人気があるようですが…そんな夢まだまだ叶いそうもない子育て真っ最中の方も是非このブログで「夢だけ膨らませて頂ければと思います」(笑)

 

 

Sponsored Link

 

 

四季島乗客専用、13.5番ホームとは

 

この四季島、乗車・降車の駅は全て「上野駅」のみ。

旅行日程は全てコースのため、乗るのも上野駅・降りるのも上野駅なんです。

 

そして、四季島に乗る乗客には更に「サプライズ」があるんです!

なんと、四季島乗降専用のホームが只今上野駅に建設中なんだとか。その名も「13.5番ホーム」

 

161206_shikishima_02-600x530

引用元:https://trafficnews.jp/post/61007/161206_shikishima_02/

 

なんとも、ハリーポッターの世界のようなホームですが、現在の上野駅の13番線と14番線のホームの間に作られることからその名がついたんだとか。

 

プレミアム感たっぷりな、このホーム。

レアなホームだけあって、乗客がSNSにUPする情報が貴重な情報となりそうですね。

 

 

Sponsored Link

 

 

列車内も超豪華、いたせりつくせりの旅

 

列車名に「TRAIN SUITE」と名付けているだけあって、車内も相当な豪華きらびやかな車内。

702950

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2140180032394497001

 

 

号車毎に、異なるコンセプトで設計されていて、

■開放感のある「展望エリア」

■非日常感のある「ラウンジ」

■和モダンがコンセプトの「ダイニング」

■日本の美意識を盛り込んだ「スイート・ルーム」のお部屋

■贅沢な「デラックス・スイート・ルーム」

■最上級の「四季島・スイート・ルーム」

 

と、お部屋も全室「スイート・ルーム」

 

また

「樹木のような有機的な窓」のラウンジ車、「高さを意識した窓」のダイニング車など、各車両によって異なる「快適性や機能性に即した」窓の形状が特徴

 

と、窓のデザイン1つとっても車両ごとのコンセプトが異なっているのもまた特別感があります。

 

 

現在は、来年の運行に向けて乗務員たちを乗せ「訓練運行」の四季島。

来年の8月まで既に完売ですが、9月以降であれば現在予約受け付け中とのこと。

 

 

ちょっと「特別感」を味わいたい方の予約はこちらからどうぞ。

http://www.jre-cruisetrain.com/shiki-shima/pages/application.aspx