【聖心女子】お嬢様、慶應と繋がる率はNO1。その後は交際&結婚へ

 

聖心女子

引用:まちの記憶

 

【聖心女子】と言えば、言わずと知れた【お嬢様校】

 

初等科から大学までの女子一貫校で卒業生には、皇后美智子様や、緒方貞子さん、歌手のChayさん…等、良き家柄のお嬢様、そして各局アナウンサーにも聖心ご出身の方が数多くいらっしゃいます。

私もある女子大の出身ですが、大学を選ぶ際に「将来の目的」まではあまり考えないで大学を受験し、入学をした…のが現状。「(取り敢えず)〇〇大学の〇〇学部に入学したい」という願望のみで、就職先やその後の将来の事まで考えてはいませんでした。

 

ですが最近の女子高生は、将来の事も考えての「大学選び」をするそうなのです。

この「将来の事」というのは、就職先のことではなくて「結婚」の意味。つまり、どの大学に入れば「良い結婚が出来るのか?」「良い条件の男性をGETできるのか。」という確率論で大学を決めるというのです。

そしてその「確率論」が1番高いのが、この「聖心女子」というわけです。

 

「聖心女子」は初等科からのエスカレート組と、大学から入学する途中入学組。

「大学」にもなれば、この2方向からの流れが一緒になり「聖心女子大学」としての学生になります。初等科からの在籍組はおそらく良家のお嬢様率が高いと思いますが、大学からの入学組は所謂、一般家庭組。

また「聖心女子大学」は偏差値がバカ高い「難関校」でもありませんので、入学もさほど難しくはありません。にも関わらず「お嬢様校」として、世間からのバリューネームは良し。そんな好条件の大学をあえて彼女たちは選ぶのです。

 

Sponsored Link

 

 

「聖心女子」は「慶應」との繋がりがダントツ。

 

女子大には有名大学との交流がそれぞれあります。

私も女子大出身だから分かるのですが、女子大のサークルって女子だけなのでイマイチ盛り上がりません…そこで、他校(男子がいる大学)のサークルに参加する「インカレ」が女子大の中では主流なのです。

 

その中でも「聖心女子」は慶應大学や上智大学、青学と言った、(これはあくまでイメージですが…)爽やかイケメンが集まりそうな大学との交流が盛んでその輪の中に「サークル活動」を通じて入れるわけです。

入るとどうなるか…それはもちろんお分かりですよね?サークルの中で色恋的なものが生まれ、そのまま交際に発展…結婚へと繋がるのです。

 

自身の出身大学が慶應や上智ではなくても、慶應や上智出身大学の男性と「交際」や「結婚」が出来る確率がグッと上がるのです。

これはあくまで「確率論」ですが、この方法を勝ち得るために「聖心女子」を志望校にする女性が増えていると言います。私達の時代では考えもつかなかった志望理由です。

聖心女子大学

引用:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPAN

 

でも反対に考えれば「賢い選択」かもしれませんね。将来特にやりたいことが定まっていなければの…1つの「選択肢」として考えれば。

そんな事をいうと男子からの反感をかいそうですが…もう少し前にこの情報が私の耳に入っていれば、間違いなく「聖心女子」を志望校として選んでいた事でしょう。

 

Sponsored Link

 

何故女性たちが、「慶應ネーム」をGETしたいのか?

 

その理由は「慶應ネーム」のバックボーンと自分たちの子供の為でしょう。

慶應大学

引用:twitter.com

 

「慶應」も幼稚舎からの大学までの一貫校です。幼稚舎からの慶應ボーイは、こちらも「聖心女子」の場合と同じく、良家ご出身の方が多いと聞きます。その為「慶應ネーム」のバックボーンにあるのは「お金」と「名家・良家」というバリュー。

 

それを判断基準にするのは非常に失礼かと思いますが、それを手に入れるべく秘策を講じている女性は多いのではないでしょうか。

 

また「慶應」出身の両親を持つと、その子供も「慶應」というジンクス。

つまり親が「慶應ネーム」を持っていると、子供も「慶應」に入りやすくなるという事です。その為「慶應ネーム」を持っていると、子供のお受験に有利とまで言われています。

 

でも逆に、男性側の両親から「判断」を下される場合も非常に多いようです。

つまり「自分の息子に相応しい嫁・妻になりうる女性なのか」という事です。そのジャッジに上手く応えてくれるのが、こちらもまた「聖心女子」というネームバリュー。

こちらも「良家・お嬢様・育ちが良い」というイメージが世間基準のためという見方が大きいです。

 

中には「聖心女子出身のお方じゃないとダメ」とまで言われる、良家の慶應出身のご両親までいるそうです。

 

 

これから大学受験を控える皆さん、そして親御さん。

大学を選ぶ際に「こんな判断基準もある」という観点で見て頂けたらうれしいです。