Pocket

【腸をもみもみ】1日3分、楽して痩せたいを腸活で叶えるダイエット方法

 

季節も春めき、お洋服もめっきり「薄着」の季節になりました。

そんな「薄着」の季節は、体型が顕になる季節でもありますよね。冬の間に溜め込んだ「脂肪」が、お肉となって「こんにちは(笑)」

本気で【ダイエット】を決意した人も多いのではないでしょうか。

 

そんな【ダイエット】を本気で考えている人に「朗報」です。

私も2週間前から始めている「腸をもみもみ」するだけで、体に変化が出る【ダイエット方法】。本当に簡単ですので、是非覚えて帰って下さいね。

 

 

【腸をもみもみ】、腸は「第二の脳」ではなく「脳そのもの」

私達の臓器の中で、「心臓」や「肺」「肝臓」…など、メイン所の「臓器」ではないですが、地味~に下腹部に存在している「大腸」と「小腸」などの所謂「消化器系の臓器君達」

腸もみもみ、腸活、楽して痩せる、方法、ダイエット

引用:Doctors Me(ドクターズミー)

 

地味な臓器ですが、私達が食べたものを「体内に取り込む役割」をしているのが、この「腸」君達御一行様なのです。

 

言わんとしていることが分かりますでしょうか?

 

そう、食べたものを「脂肪」として体内に取り込むか、「排出物」として体内に出すかは…

「大腸」「小腸」たち、【腸】の判断に委ねられているのです。

 

ということは、逆の発想。

この「腸」達を上手くコントロールできれば、余計な体内吸収はせず「脂肪」に変わらない!という事なんです。

 

なんとも、ざっくりな言い回し方になってしまいましたが、【腸活】とは自分たちで「腸」を上手にコントロールしましょう!という事なんです。

Sponsored Link

【腸をもみもみ】1日3分、楽して痩せたい腸活法

では、どのようにして「腸をコントロールするのか?」

 

大きく分けては2つ。

■食べ物に気をつける

■腸の動きを活発にする運動をする

です。

 

「腸活」に相応しい食べ物と言えば、「食物繊維」系の食べ物や、ヨーグルトや納豆に代表される「発酵食品」。

 

これに合わせて、是非「腸の動きが活発になる運動」を加えて見てください。

私もこの動きを朝と夜、1日2回行っているのですが、終わった後「すぐにトイレに行きたくなります」、その位効果覿面の【腸もみもみ】運動です。

方法は凄く、凄く簡単です。

腸もみもみ、腸活、楽して痩せる、ダイエット、簡単

引用:Reirianet

 

①「左手は肋骨の下、右手は骨盤の上」左右少しずらして、胴体に手を置き、胴体(ウエストまわり)を手で挟むように、そのまま「もみもみ」

②「もみもみ」しながら、今度は上半身を前に90度ゆっくり倒して、ゆっくり起き上がる。呼吸をゆっくり合わせながら、10セット。

③次は「もみもみ」しながら、「おしりの穴に力を入れ締める&お腹も上に引き上げ引き締めるイメージで、腰をゆっくり左右に回す。左右それぞれ10セット」

 

以上で、【腸もみもみ】ダイエット方法は終了。

ねっ、「えっ、、、コレだけ??」って思うでしょ♡

Sponsored Link

【腸をもみもみ】腸活で叶えるダイエット方法、補足。

この【腸もみもみ】をするだけで、「大腸」の活性化に繋がると言います。

「大腸」は「小腸」の外回りをぐっとしている「臓器」くん。ですが、自分から「活発」になれない内気な臓器。

なので、外からの「刺激」が必要で、その「刺激」が【腸もみもみ】の腸活方法ってなワケです。

 

一方「小腸」は、ジャンプなど日常生活の「刺激」でも十分「活性化」が望まれる「臓器」

中でも「階段の上り下り」が効果てきめん、それだけで「小腸」に刺激が加わり、私達の体内で活発に動いてくれますよ~

腸もみもみ、腸活、ダイエット、楽して痩せる、方法、ダイエット

引用:BCSすこやか治療院 – WordPress.com

 

なので、日常生活内で「エスカレーター」や「エレベーター」を使うのはご法度。

積極的に「階段」を使い、【腸活】に刺激を与え、痩せやすい体つくりを目指しましょう!!

 

Sponsored Link