Pocket

【藤井聡太4段】両親はどんな?天才を生む子育て法【モンテッソーリ】

藤井聡太 将棋 

引用:withnews(ウィズニュース)

 

 

【藤井聡太4段】関連記事、バックナンバーはこちらからどうぞ。↓↓

【藤井聡太4段】将棋の天才教育は幼少から?密着ドキュメンタリー放送

【藤井聡太4段】不二家ルックチョコレート差し入れ貰う?糖分補給

 

 

Sponsored Link

 

快進撃を見せる、【藤井聡太】4段とは?どんな人物?プロフィールまとめ。

 

最近メディアから注目を浴び続けている男…【藤井聡太】4段。

最年少プロ棋士【藤井聡太4段】は若干14歳の中学生、いつも対局に「制服」でやってくるその姿は「(将棋)の西の天才」と呼ばれ、そこに幼い「中学生」という面影は一切ありません。

現在は関西を拠点に活動をし、現在名古屋大学教育学部附属中学校在学中。学業と将棋の二足のわらじを履くプロ棋士なのです。

 

では、「天才」と呼ばれる【藤井聡太4段】とは一体どんな人物なのでしょうか?

世間的に14歳といえば、中学生で「思春期まっしぐら」。親とは一線を置き、いわゆる「反抗期」を迎える時期ではないでしょうか。

 

対戦勝利後の記者会見で発せられる【藤井聡太4段】の「発言」や対局中の「態度」や「姿勢」は、とても大人を感じるもので、【将棋】という「大人の世界」に小さい頃から足を踏み入れているせいか、14歳にはとても見えない「落ち着き」があるように思います。

ですが、ここまで注目を浴びている現在の状況をまだ飲み込めない様子は顕著で、ここには14歳の姿が…

 

報道陣からの質問に目を合わすこと無く、シャイな感じで受け答えしている様子に「慣れ」は感じられません(笑)

 

Sponsored Link

 

【藤井聡太4段】はどんな両親に育てられた?家族構成は?

 

さて【天才】呼ばれる【藤井聡太4段】ですが、どんな環境で育ったのでしょうか?

【藤井聡太4段】の両親は、特別感のあるハイクオリティーな感じでは無く、ごく一般的なご両親とのこと。

 

大手住宅機器メーカーに務めるサラリーマンの父親と、専業主婦の母親。そして兄とおばあちゃん。ご両親は特別教育熱心なワケでも無かったようですし、【家族構成】はごく一般的&よく見る【家族構成】です。

 

ではなぜこんな【天才】が?

 

気になる【両親】の【子育て法】は次のトピックで!!

 

Sponsored Link

 

天才【藤井聡太4段】を生む両親の子育て法【モンテッソーリ】とは?

 

【天才】が生まれるのなら…とミーハーですが、気になるのがその【子育て法】です。

私も絶賛子育て中ですが、子育て真っ最中のママたちは気になる所なのではないでしょうか?

 

幼稚園は、現代ブームになりつつある【モンテッソーリ教育法】を取り入れた幼稚園に通った【藤井聡太4段】

今でこそメジャーになった【モンテッソーリ】ですが、【藤井聡太4段】が通っていた10年前はまだ世間一般には知られていなかったに違いありません。

 

【モンテッソーリ】とは、「子供が自発的に物事に取り組み、個人で向き合う姿勢を大切にした教育法」です。

日本的教育と言えば、幼稚園でも義務教育期間でも、「先生の言うことをよく聞いて、みんなでそれを真似ましょう」「同じ方向を向くことが良し」とされる教育法。

 

しかし【モンテッソーリ】は、個人の意志を尊重します。

なので、幼稚園でも園児がやることは「皆バラバラ」が当たり前。自分が好きなこと・興味が有ることだけに集中して取り組みます。

 

そんな【モンテッソーリ】教育が、【藤井聡太4段】の今・将棋への集中力・この快進撃に繋がっているといっても過言ではありません。

 

また【藤井聡太4段】のお母様はこうも語ります。

「小4でプロ棋士の養成機関「奨励会」に入ったが、6連敗して会場を出た途端に大泣きしたことがあった。私は、聡太の気が済むまで黙って見守るしかありません。それでも一緒に悲しんでいるつもりなんですが、聡太は『お母さん、ボクが負けると機嫌悪いよね』って言うんですよ」

引用:http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170426/dms1704261530003-n2.htm

 

と。

 

いつも【藤井聡太4段】の気持ちに寄り添い、子供が「とことん腑に落ちるまで付き合う姿勢」を見せたお母様。

 

子供の才能を伸ばし、才能豊かな子に育てるには…

【両親】が子供の心に常に寄り添い、子供の「好奇心」や「発見」を親の気持ち1つで妨げないこと。が大切なんでしょうね。

 

世のママたち、子供の心に寄り添っていますか??