Pocket

【藤井聡太4段】将棋の天才教育は幼少から?密着ドキュメンタリー放送

藤井聡太、将棋

引用:Naverまとめ

 

 

Sponsored Link

 

快進撃を見せる、【藤井聡太】4段とは?どんな人物?プロフィールまとめ。

 

最近メディアから注目を浴び続けている男…【藤井聡太】4段。

最年少プロ棋士【藤井聡太4段】は若干14歳の中学生、いつも対局に「制服」でやってくるその姿は「(将棋)の西の天才」と呼ばれ、そこに幼い「中学生」という面影は一切ありません。

現在は関西を拠点に活動をし、現在名古屋大学教育学部附属中学校在学中。学業と将棋の二足のわらじを履くプロ棋士なのです。

 

では、「天才」と呼ばれる【藤井聡太4段】とは一体どんな人物なのでしょうか?

世間的に14歳といえば、中学生で「思春期まっしぐら」。親とは一線を置き、いわゆる「反抗期」を迎える時期ではないでしょうか。

 

対戦勝利後の記者会見で発せられる【藤井聡太4段】の「発言」や対局中の「態度」や「姿勢」は、とても大人を感じるもので、【将棋】という「大人の世界」に小さい頃から足を踏み入れているせいか、14歳にはとても見えない「落ち着き」があるように思います。

ですが、ここまで注目を浴びている現在の状況をまだ飲み込めない様子は顕著で、ここには14歳の姿が…

 

報道陣からの質問に目を合わすこと無く、シャイな感じで受け答えしている様子に「慣れ」は感じられません(笑)

 

Sponsored Link

 

【藤井聡太4段】将棋の天才教育は幼少から?そのきっかけは?

 

そんな【藤井聡太4段】ですが、将棋を初めたのは【幼少】・幼稚園児5歳の時。

将棋が好きだった祖父から将棋を教わったのが【きっかけ】だったそう。

藤井聡太、将棋

引用:http://www.oricon.co.jp/news/2092545/full/

 

 

地元の将棋クラブに祖父と通っては、幼少期はまだ「お遊び半分」、【天才教育】とはまだ言えません。

しかし2010年【藤井聡太4段】が7歳の時に「アマ初段」で「東海研修会」に入会し、小学生ながら各大会で賞を納める。

その後、めきめきと【将棋】の才能を開花させ、2016年10月1日付で年齢14歳2か月でプロ棋士(四段)となる資格を得ました。

それからの快挙は皆さんご存知の通りです。

 

有名スポーツ選手で多い、受け身の【天才教育】というよりは、むしろ【藤井聡太4段】の地頭の問題でしょうね…

将棋に強い【地頭】。

現在、無敗・28連勝中の快挙を爆進中の【藤井聡太4段】でございます。

 

Sponsored Link

 

【藤井聡太4段】の素顔が明らかに?密着ドキュメンタリー

 

6月23日(金)夜7時~「ドキュメンタリー特番『藤井聡太 14才~3年間の棋譜~』」が放送になります。

今話題沸騰の【藤井聡太4段】を3年間密着した【ドキュメンタリー】番組で、【天才】と呼ばれる【藤井聡太4段】の素顔を小学校6年生の頃から追ってきたこの密着ドキュメンタリー。

 

早くもSNS上で、情報が湧いております!!

 

 

密着のキッカケは、3年前「将棋教室に凄い少年がいる!」との情報。

 

「私たちは夕方のニュース番組の中で、プロ入り前からずっと、彼の成長ぶりを何度も放送し続けてきました。私たちにとって『瀬戸市の聡太くん』が、あっという間に『天才』と絶賛されるプロ棋士へと、想像をはるかに上回る速さで、快進撃したことは驚きであり、誇りでもあります。私たち地元のテレビ局の仕事は“ふるさとの偉人”を世の中に伝えることだと思っています。今、日本中から注目を集める14才の成長の記録を、愛情を持って伝えたいと思っています」

引用:http://www.oricon.co.jp/news/2092545/full/

 

と番組担当のプロデュ-サー。

 

番組のプロデュ-サーも「ここまでの大物になる」と予想していたんでしょうか…3年間でビデオテープ100本分にもなった密着映像が遂に解禁、これはお宝映像になりそうですね。