Pocket

ViVi、炎上、自民党宣伝、広告費は500万、仕掛け人、電通

引用:https://www.vivi.tv

 

人気女性ファッション誌の「ViVi」が自民党とコラボしたキャンペーン広告が炎上しています。

 

SNS上では

・改憲に向けた自民党のPRではないか?

・自民党から多額の広告費をもらったであろう講談社の信頼が薄れた

・「ViVi」の広告が一線を超えた

など、様々な意見が寄せられています。

 

自民党側の「もっと若い世代にも、政治に関心を寄せて欲しい」という意図があっての、女性ファッション誌への広告だったのではないか?と予測されますが

おそらくこの炎上という状況は、自民党側も予期していなかったのではないでしょうか?

 

そして気になることが、こちらのキャンペーン「広告費」について。

雑誌に広告を載せるには、もちろんお金がかかります。

 

果たして「自民党」は、「ViVi」の出版社である「講談社」に一体幾ら払ったのでしょうか?

 

Sponsored Link

【ViVi】自民党宣伝&広告費は500万以上&キャンペーンは更なる高額金額。

「ViVi」に掲載されている「自民党」のキャンペーン広告、雑誌に広告を載せる場合、もちろん「広告費」がかかって来ます。

 

載せる媒体によって、広告費が様々ですが「ViVi」の場合は以下のように「広告費」が定められています。

表紙見開きの前後、1番良い場所に広告を載せると、このお値段。

1Pで270万ですから、見開きページの2Pだとお値段は2倍の540万円です。

ViVi、炎上、自民党宣伝、広告費は500万、仕掛け人、電通

引用:https://www.zasshi-ad.com

 

表紙見開きページではなく、中開ページに掲載だともう少しお値段は下がるようですですが、全国展開の人気雑誌になると「広告費」は莫大な金額になります。

 

こちらは、紙面の「広告費」のお話ですが、

自民党と雑誌「ViVi」とのタイアップキャンペーンは、WEB上でも展開をしています。

わたしたちの時代がやってくる!

 

この自民党の戦略「PR」を担っているのが、大手広告代理店の「電通」だと言われています。

自民党のHPには「#自民党2019」という宣伝ページが立ち上がっていて、

#自民党2019

 

今回のファッション雑誌「ViVi」とのタイアップも、その一環ですね。

 

Sponsored Link

「電通」を始めとする広告代理店は通常、15~20%を手数料・マージンとして徴収します。

こちらの「#自民党2019」の総広告費が幾らかは想像が付きませんが、例えば予算が5,000万円のプロジェクトの場合、1,000万円弱の金額を「電通」に支払うという計算になります。

 

「年金は不足していて、(老後)2,000万円位自分でなんとかしてね」

という政府発表が先日ありましたが、

こんな自民党のキャンペーン広告費を見てしまっては、この「自民党」のキャンペーンが「無意味なもの」に見えてしまって仕方ありません。

 

皆さんは、どう思いますか?

 

 

Sponsored Link

【ViVi】炎上、自民党キャンペーンTは閑古鳥状態。

このプロジェクト、「どんな世の中にしたいか?」自分の想いをインスタグラムやTwitterなどで、指定のハッシュタグ「#自民党2019」「#メッセージYシャツプレゼント」を入れて呟くと、

こちらの「Tシャツ」をプレゼントする企画のようですが、

ViVi、炎上、自民党宣伝、広告費は500万、仕掛け人、電通

引用:https://www.vivi.tv/

 

 

現在の所、インスタグラムに「ハッシュタグ」を入れてメッセージを投稿している人は「0」でした。

プレゼント企画なのに、母数が確保出来ないという「閑古鳥状態」のこちらのキャンペーン。

 

https://www.instagram.com/

引用:https://www.instagram.com/

 

インスタグラマー・読モ達が、一生懸命こちらのキャンペーンの宣伝するインスタのみ投稿がされていました。。。

可愛そうですが、見ていて痛々しいですね。