Pocket

イケメン俳優:【一人好き】松坂桃李さん

 

今やドラマや映画に引っ張りだこの松坂桃李さん。

松坂桃李

イケメンで、優しそうで…というイメージがありますが、その性格は異常なくらいに「根暗」で「一人好き」なんだそう。大勢でワイワイするよりは、一人でいる方が好き…アウトドアよりも、インドア派、そんな松坂桃李さんを幼少期のエピソードともに振り返ります。

「一人好き」は幼少期のある出来事が発端なんだそう。そのある出来事とは一体?

 

Sponsored Link

 

 

【過去】幼少期の松坂桃李さん

 

湘南ボーイとして育った、松坂さん。

出身は、神奈川県茅ヶ崎市。父親は大学講師、母親は保健室の先生と教育熱心なご両親のもとに育った松坂さん。しつけも相当厳しかったようで、特に挨拶は「挨拶で始まり、挨拶で終わる」というくらい、特に厳しかったんだそう。

また、2歳年上の姉と妹の女姉妹に挟まれて育った事で、この頃から「女子」2人からハブられ、一人寂しく過ごす時間が多くなり、一人で過ごすことが「当たり前」になったのだという。

また同じ市内の別の小学校に転校したことも、松坂さんの「一人好き」に拍車をかけた。

 

そんな幼少期の頃からの「一人好き」の松坂さん、この「松坂桃李」という名前も実は幼少期は【コンプレックス】だったのだそう。

「松坂桃李」は本名、漢字の「桃」が女の子のイメージを彷彿させることが嫌で仕方がなかった、その為学校のテストに書く氏名も「ひらがな」で全て書いていたそう。

 

Sponsored Link

 

【過去】思春期の松坂桃李さん、恋愛編

 

中学生時代、13歳で初めての彼女が出来た松坂桃李さん。

根暗で物静かな松坂さんが、自分から【告白】、最初は仲のいいグループで友達の一人だった彼女。時間が経つにつれて、恋心を抱くようになり…やがて彼氏・彼女の関係に。

デートは、近所の「海」や「映画」「サイクリング」が定番のコースだったようで専ら「ご近所デート」。

しかしながら、交際後1年で振られてしまい、あえなく破局を迎えたんだとか。しかしながら、その破局の原因が一方的な彼女からの「好きな人が出来た宣言」

更にその「好きな人」が松坂さんの「親友」だった事が発覚し、衝撃を受けたんだとか。

 

Sponsored Link

 

【一人好き】が加速、最近の松坂桃李さん。

 

そんな中学生時代とうって変わって、高校生時代は「大変身」を遂げた松坂さん。

厳しい姉に中学生時代の「髪型」を、「そんな髪型じゃ、モテないよ!!」と忠告され、髪型を今風にイメチェン。

さぞかしサッカー部などの「王道系」の部活に入って「キャーキャー」言われた過去をお持ちなのか?とイメージされる所、部活は「帰宅部」で放課後はバイトに明け暮れていた日々を過ごしたそう。

アルバイトはスーパーの青果コーナーで野菜の販売や、深夜のコンビニでのアルバイト。

 

少し、意外な松坂さんの過去ですよね。

 

また松坂さんの芸能界入りの「きっかけ」は意外なところから…

学生の「ノリ」で、「(芸能界入りの)オーディションとはいかなるものか?」という話題になった際、偵察の白羽の矢がたったのが松坂さんだったのだそう。

 

そんな「ノリ」でちょこっと「偵察」程度で受けた、雑誌「FINE BOYS」のモデルオーディション。応募者2,000名の中から、ノリで受けた松坂さんが見事グランプリを獲得し、見事芸能界デビュー。

松坂桃李

引用:日之出出版

 

そんな「過去」をお持ちの松坂さん、最近は幼少期の頃からの「一人好き」に拍車が掛かっているようで、親友:濱田岳さんからも「こいつとは趣味が合わない!」とまで言われる始末。

 

仕事以外での至福が、「仕事終わりにコンビニに寄ってお酒を買い、そのまま家に直行しプラモデルを一人で作ること」。

そして、ジャンプ・マガジン・モーニング・チャンピオン・ヤングマガジン…漫画雑誌は毎週欠かさず読むという、漫画ラブな松坂さん。

松坂さんが家の中から出てくる日は、まだ当分先の話になりそうですが・・・笑。

 

「俳優」=「派手」というイメージが多い中、こんな日常生活をお持ちの松坂さんにはある意味「好感」が持てますよね。