自分の仕事に、子供の世話、家の事…時間がいくらあっても「常に忙しい」立場の女性に必見な「時短テクニック」

少しでも参考になればと思い、私の実践している「時短テクニック」(テクニックいうほどでは無いですが…)をご紹介しようと思います。

 

 

全てに共通していることは

「出来ることはやる、出来ないことはやらない=他力を使う・頼る」

 

Sponsored Link

 

生協やパルシステム…等の外部業者を上手く使おう。

 

子供がいるから尚更、自分での「手作り」にこだわりがちなのですが、1から料理をする…って凄く大変だし、時間も掛かるのが否めない。

特に日中働いていると、子供をお迎えに行った後~帰宅~食事の準備~食事~お風呂~寝かしつけ。

までの一連の流れは、もはや「戦場」

 

その流れの1部に「時間をかけられない」のが、実は本音だったりする。

 

 

かと言って私は、週末に1週間の「作り置きおかず」なんてものもやらないので、「生協の宅配」に頼っています。

 

週1回の宅配内容は、主にチルド品(温めればすぐ食卓に上がるおかず)や、既に衣が掛かっている状態の冷凍商品(油で揚げるだけで、完成するもの)を中心に購入をしています。

こんな感じのチルド食品や冷凍食品のストックがあるだけで、

「買い物し忘れた!おかずがない!!」という日にも、凄く助かります。

 

Sponsored Link

 

また最近では、翌日までの賞味期限となりますが

お肉や、野菜等の食材と調味料が既に人数分セットされていて、その材料を炒めるだけで簡単に「おかず」が完成してしまう、おかずキットも私の「定番」になりつつあります。

こちらは、切る手間も無く、スーパー便利なキットです。(でもやっぱり若干割高ですが…)

 

 

 

一から作る場合は「圧力鍋」で。

 

「時間が掛かる…」と嘆いていましたが、もちろん1から作る場合もあるわけで

そんな時は「圧力鍋」を利用しています。

煮込み料理や、カレーやシチューの定番料理、スープーも短時間で出来ます。

カレーやシチューなんかは、10分以内に出来るので凄く重宝しますし、同じメニューを作るにも、道具を変えるだけで簡単に「時短」になりますよ。

 

 

 

家事は「~ながら作業」で。

 

1つ終わっても、また次の家事…これが家事の宿命ですよね。

特に子供がいると、それが2倍にも3倍にも膨れ上がる。

そんな状況だからこそ、私は常に「~ながら作業」で、常に2つ以上の「家事」や「仕事」、子供の「世話」を並行しています。

 

Sponsored Link

 

「料理を全て作り終えてから、次は洗濯~」

な感じでは無く、常に

「洗濯機を回しながら、料理」

 

料理の下準備が終わった状態でお風呂に入りたいから

「終了時間を見越し、そのタイミングで料理の最中に、お風呂のスイッチをオン」

 

という流れのように…

 

 

やっていることを忘れない程度に、常に同時進行で動く。

これが私の「時短テクニック」です。