Pocket

女子アナの衣装は自前?スタイリスト付?驚きの女子アナ事情とは

女子アナ 衣装

引用;CycleStyle

Sponsored Link

 

 

番組を華やかに彩る、女子アナの皆様。

 

その女子アナの皆さんが着る「衣装」が最近、グッとオシャレに個性的になってきました。(特に民放局)

人気の女子アナとまでなると、1日に異なる番組に複数回出演することも多く、出演する番組毎に(事前収録番組や生放送か…によっても違いますが)「衣装」が違います。

 

今日は女子アナの「衣装事情」に迫ってみることにします。

 

■女子アナの【衣装事情】への疑問。

女子アナの【衣装事情】は、果たしてどうなっているのでしょうか。

 

通常、テレビ出演者(タレントさんや俳優さん…)は専属の「スタイリスト」さんがついていて、テレビ上で着用している服は所謂【衣装】。

 

もちろん中には、スタイリストさんがついていなくて「テレビ出演時の服は私服」「自前」という方もいらっしゃいます。

 

ですが、キー局所属の「アナウンサー」は、「会社員」という立ち位置なので

「タレント」さんとは立場が違います。

 

ですが、テレビ出演数は圧倒的に多い。(それが彼ら、彼女達のお仕事ですから。)

そうなると、その【衣装】のカラクリは気になる所。

 

全部「自前」だとしたらその金額は?

借り物であれば、全女子アナ共通?

そして、その【衣装】のコーディネートは自分でやっているの?それとも専属のスタイリスト付?

 

などなど、女子アナの【衣装事情】は気になる所がいっぱい。

 

今や民放局の「一社員」の女子アナが、熱愛報道やゴシップを今や「タレント」並にフューチャーされる時代。

そんな彼女たちの命でもある(言い過ぎか?笑)=「外見」を飾る→【衣装事情】、実はその殆どが私服では無く「借り物」です。

Sponsored Link

 

女子アナの【衣装事情】、番組毎の傾向と肌の露出。

少し前までは、他局の女子アナ同士同じ「衣装」を着ている=「被り現象」がちょくちょく見受けられたのですが、最近はあまり見られなくなりました。

女子アナ、服装、自前、衣装、

引用:まとめトップ

 

 

これは、衣装提供側(アパレルブランド)が、どこのキー局も大体同じブランド。という傾向があったのですが

最近は、番組毎にスポンサーが付くようになってきているので、ブランド(衣装)もあまり重複しないようになりました。

 

また、女子アナの【衣装】は、出演番組毎に傾向があります。番組を大きく分けると、

①報道関係(ニュース番組)

②バラエティ番組

に分けられ

 

①報道関係はやはり、ニュースを読んだり出演者の方も硬い方が多く見られるので「衣装」もかちっとスタイルの「JKスタイル」や「シャツ」「落ち着いたワンピース」が多く見られます。

女子アナ、報道

引用:Naverまとめ

 

 

②バラエティは、どうぞ「ご自由に」。というと大きな括りですが、ワンピースにしても少し足や腕の露出が多かったり、ニットやデザインが凝った・割と露出度が高めな衣装が多いように思います。

ヒルナンデス、女子アナ、衣装、水卜

引用:アイマニ

 

 

ですが、最近はその「番組」での基準も少し崩れてきているように思います。

 

ニュースを読む報道番組でも、シースルーの【衣装】を着用していたり、首元にキラキラしたビジュー付の「衣装」を着ている女子アナが多く見受けられます。

女子アナ、衣装、滝川クリステル

引用:livedoor Blog

 

 

「ひざが丸見えのスカート」を履いているだけで、「下品」「品がない」。

と、視聴者からテレビ局にクレームが殺到する時代だからこそ、ある程度TPOで【衣装】をわきまえる必要がある女子アナ。

 

そこで問題になってくるのが、これは「衣装」として着させられているのか。自分の好きで着ているのか。(自前)ということです。

 

先程も少し触れましたが、

女子アナの服装は、そのほとんどがテレビ局側が用意した【衣装】です。

 

【衣装】だけ用意されていて、女子アナが自分のセンスで選ぶ。という事も考えにくいので、

おそらくテレビ局のスタイリストが【衣装】を選び、女子アナをコーディネートしているのでしょう。

 

つまり、女子アナの衣装は、

「衣装として着させられている。」ということになります。

 

であれば、衣装のコーディネートの賛否を当事者(=女子アナ)に向けても、あまり意味がないかもしれませんね。(笑)

Sponsored Link

 

女子アナの【衣装】、時に自前の場合もあり。

これまで、民放各局に所属のアナウンサーのテレビ出演時の服装はそのほとんどが【衣装】というお話をしてきましたが、

時に「自前」の場合もあります。

 

それは、女子アナが置かれている立場・状況によって様々であるという事です。

 

先程からお話している…各テレビ局に所属している「女子アナ」の場合。

この立場の「女子アナ」には、毎月「数万円」程度の「衣装手当」が各テレビ局(会社)からつくそうです。

ですが、そんな手当では出演番組毎に「衣装」を変えなければならない女子アナにとっては、苦しい状況は打破できません。

 

その為、サイズが近い女子アナ同士は「衣装」を着回しするなどして、バリエーションを多く見せている…という都市伝説があるほど。

女子アナの【衣装事情】は、なかなか厳しいようです。

 

また帯でレギュラー番組を持っている女子アナ(毎日出演)などは、その番組に付くスポンサーや衣装協賛のブランドから【衣装】を借りています。

そしてなおかつ視聴率が絶好調な番組(要は制作予算が多く取れる番組等)は、専属のスタイリストを付けていますから、【衣装】もコーディネートも全部おまかせ…という話になります。

 

つまり、視聴率が高い番組や衣装スポンサーがついてる番組、ゴールデン番組…以外の番組を担当しているキー局のアナウンサーや、キー局まで手厚い保障が無い、地方のテレビ局のアナウンサーの【衣装事情】は、おそらくカツカツ。ということでしょう…

 

 

また、テレビ局に所属していない「フリーのアナウンサー」の【衣装事情】は、また少し違うようで…

 

フリーのアナウンサーはどこかしらの事務所に所属している訳ですが、その所属事務所によって【衣装】の捉え方が異なるようです。

 

小さい事務所であれば、手当を支払って「あとは個々で…」という所も多いようですが、「セントフォース」など数多くの有名フリー女子アナを抱えている大手事務所となれば、事務所が雇用している専属スタイリストによって【衣装】が用意されるんだとか。

伊藤綾子、セントフォース

引用;detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

女子アナの【衣装事情】…なかなか奥深いものがありますよね。

置かれている「立場」や「状況」、出演している「番組」によって「衣装」事情が異なるなんて…なんか複雑ですね。

 

とは言え、専属スタイリストのコーディネートや衣装協力のブランドのバリエーションが増え、女子アナの【衣装】にも昔とは異なる様々なコーディネートが見られるようになりました。

 

ファッション好きな私としては嬉しい限りなのですが、あくまでも【女子アナ】。

「TPOをわきまえた、身なりあるコーディネート」をしていただくことを望みます。