Pocket

慣らし保育中の母親、過ごし方は?復職後の仕事や育児に繋がる自分時間を!

慣らし保育、母親、どう過ごす、自分時間、仕事、育児、イメージ

 

4月がスタートし、この春から「職場復帰」を予定しているママは、お子さんの「慣らし保育」が今週からスタートする方も多いのではないでしょうか。

 

これまで、お子さんと1日中べったりと過ごしてきたママにとっても、もちろんお子さんにとっても、保育園や幼稚園に行って「離れて日常を過ごす」というのは、寂しい気持ちだったり、試練でもありますよね。

朝、預ける時にお子様が泣きじゃくっている姿を見て、「心が折れてしまった‥」というママも多いことでしょう。

 

私にとっては、もう4年ほど前の話になりますが、昨日の様に「あの光景」が今でも蘇ります。

 

ですが、時間は待ってはくれません。

「慣らし保育」が一段落すると、ママには「職場復帰」が待っていますよ。

 

Sponsored Link

慣らし保育中の母親、気持ちは複雑?

今振り返ってみると、

この「慣らし保育」の時だけが唯一「ひとり時間」が楽しめたり、自分を見つめ直すことが出来る時間でした。

 

心苦しい時間ではありますが、この「慣らし保育」の時間・期間を

■ママにとっては、「貴重なひとり時間」

■子供にとっては、「(保育士さんや園のお友達と)新しい関係性を築いていく時間」

と割り切って、過ごされることをオススメします。

 

「復職」してからは、本当に仕事に育児に・家事に…とバタバタしますし、「自分の時間」なんてほぼ皆無に等しいです(笑)

なので、この「慣らし保育」の時間を貴重な1人時間だと思って、過ごしてください。

 

「慣らし保育」は自治体や保育園・幼稚園によっても様々ですが、大体「1週間~2週間」ほど、期間を設けています。

また時間も、初日は1時間程度の「短時間」から、段々時間を伸ばして行き、最終日は半日程度預ける感じの「慣らし保育」になります。

 

1~2時間程度の「慣らし保育」であれば、「家に一度戻るものおっくう」なので、近所のカフェで1人で過ごしたり、ショッピングなどで時間を潰すのもオススメです。

 

「慣らし保育」を経験した私が、この貴重な1人時間に「やっておいた方が良い」オススメ事項を「慣らし保育」ターム別にお伝えしていきます!

是非、職場復帰前に参考になさってください。

 

Sponsored Link

慣らし保育中の母親、復職後の仕事や育児に繋がる自分時間を過ごそう。

「慣らし保育」第1ターム:1~2時間のショートタイム期。


■カフェなどで、復職後のイメージを膨らませる。

 

お迎えまでの時間が「あっという間」の第1タームの時期は、カフェなどで「復職後」のイメージを膨らませるのがオススメです。

 

例えば…乳児期の赤ちゃん時期から保育園に預ける場合、保育園との「連絡帳」の記載も、体温を測ったり、食事の内容を細かく記載したり…と連絡帳の内容を「細かく」書かないといけなかったりします。

朝の時間が無い時に、それを全部書くのは結構時間がかかる作業です。その他に子供もお世話や、自分の支度もありますしね。

 

前日に書ける所まで書いておくと、朝バタバタせずに「連絡帳」を埋めることが出来ます。

 

これは、お子様の園関係の1例ですが

もちろん、ご自身の事や家の家事についても、考えることは盛りだくさんです。

・会社に着ていく「服」は揃ってる?

・共働きになる、旦那様ときちんと家事分担は決めた?

・お子様の保育園呼び出し時に、すぐ迎えに行ける準備とアナウンスは整ってる?(祖父祖母の対応も含めて)

 

イメージと、それに付随する行動を少しでもとっておくだけで「復職後」が全然違いますので、是非カフェのお供に考える時間を取り組むと良いですね。

 

参考記事です、是非参考までに。

【職場復帰・復職】家事両立が不安、便利なお助けアイテム・家電特集

【共働き家事分担】負担は夫より低収入がちな妻に…は不公平の極み

 

Sponsored Link

「慣らし保育」第2ターム:2~3時間預かりのミドルタイム時期。


■(復帰前の)仕事に関する勉強・知識を高める準備期間。

 

お昼過ぎまで「預かり保育」の時間が伸びたら、一旦家に戻れる時間です。

少し時間ができますので、お家でゆっくりこれから始まる「仕事」に関して、勉強したり、知識を高める準備期間に充てましょう。

 

「育休」で「仕事」を離れている期間って、案外「仕事」の感覚を忘れるものです。

「仕事感覚」を取り戻すための、勉強やイメージを膨らませておくと、「職場復帰」もスムーズに運びますよ。

 

Sponsored Link

「慣らし保育」第3ターム:半日預かりのロングタイム。


■少し遠出をして、興味のあること、好きな場所に行ってみよう。

 

「慣らし保育」も終盤に差し掛かり、朝預けて14~15時までの半日預かりになったこの時期。

朝預けて、出勤する時と同じように電車に乗り、そのまま少し「遠出」することもオススメです。

 

ご自身の行きたかった場所・好きな場所にお出かけしてももちろん良いですし、この時期ならでは「復職直前」のママ向けのセミナーなどに参加されるのもオススメです。

 

【都内近郊開催、ママセミナー】

ともえ「イベントカレンダー」

こくちーずプロ「ママイベント」

 

同じ境遇のママ達と情報交換するのも、新しいママ友が出来たり、気晴らしになったりするのでいいですよ。

 

 

以上、いかがでしたでしょうか。

 

子供と離れ、一人時間が確保出来るこの「慣らし保育」期間。

「復職」が迫っているこの時期、色々考える事・やることは多いと思いますが、優先順位をつけて、是非とも有意義な1人時間にしてみてくださいね。