Pocket

東京都【オリンピック2020動画】結婚換気で問題・意見様々【まとめ】

東京都、オリンピック2020、動画、結婚換気、問題

引用:https://www.youtube.com/watch?v=HBBSVSgyhxM

 

 

Sponsored Link

東京都【オリンピック2020動画】内容。

今月の始め、東京都が公開した【東京オリンピック2020】の動画が波紋を読んでいます。

その動画というのが、こちら。↓↓

 

 

【内容】はというと、主人公の祖父母が1964年に開催された【東京オリンピック】を「一緒にみませんか?」というプロポーズの言葉と共に、結ばれ、【東京オリンピック】の後に主人公の「父」が誕生→そして「自分」が生まれる。

時代と共に時は流れ、祖父母にとっては2度目となる【東京オリンピック2020】を心待ちにしている。

自分の祖父母と同じように…自分も現在付き合っている恋人と【オリンピック・パラリンピック】をきっかけに、「オリンピック・パラリンピックを一緒に見ること」を決意する。=「結婚を決意する」

という、適齢期の男性を主人公にした【内容】動画です。

 

動画の最後には、小池都知事の声でナレーションが入り

「東京2020、オリンピック・パラリンピック。貴方は誰と見ますか?」と投げかけています。

Sponsored Link

東京都【オリンピック2020動画】、ストーリーは「結婚換気」を助長する?

そんな東京都【オリンピック2020動画】、作成者の「東京都」もこの【動画】のコンセプトを「結婚に向けた気運醸成のための動画」ときちんと明記している、力の入れよう。

また(東京都の)制作意図としては、「結婚を希望する方が、東京でオリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年を具体的な目標に、一歩踏み出せるように(この動画が)後押しし、社会全体で結婚を応援するための気運を高める【動画】」なんだとか。

 

つまり遠回しに「結婚適齢期の皆さん、いい年なんだから結婚しましょうね」と言われているようなもの。ではありませんか?

 

そしてこの【動画】の制作費・PR費は、3000万円とも言われ、これも都民の皆さんの税金で賄われているのです。

 

また東京都の生涯未婚率は、「男性:全国3位」「女性:1位」とも言われ、東京都「行政」が人口減問題の対応策として講じた【動画】とも読めますね。

Sponsored Link

 

東京都【オリンピック2020動画】問題視・同調、意見は様々【まとめ】

東京都、オリンピック2020、動画、結婚換気、賛否

引用:https://www.youtube.com/watch?v=HBBSVSgyhxM

 

■「この動画の言わんとしていることは分かるし、生涯未婚率を汲んで、東京都がどうにかしなきゃいけない使命感で作成した動画と思えば、理解はある。」(ホラン千明氏)

■「結婚してもしなくてもいい時代なのに、あえて税金を使ってPRしていなくてもいい」(横澤夏子氏)

■「非正規労働者が増え、(経済面で)結婚したくてもできない人もいるのに、その人達にこの動画は配慮していない。また、ナレーションを勤めている小池東京都知事も独身なので、なんか矛盾している。説得力が無い」(薬丸裕英氏)

■「結婚を推奨しているだけの動画」

■「行政としては、正しい姿勢」

■「人口を増やすためなら、押しもあり」

■「余計なお世話」

■「税金の無駄使い」

■「結婚後の環境を整える制作を!」

■「結婚したくなる空気作りがまず先でしょ!」(坂上忍氏)

■「3000万もかけて、結婚を後押しするな!余計なお世話」(山本譲二氏)

 

と、ご意見にも【問題視】する声・【同調する声】様々ですが、皆さんはどう思いますか?