Pocket

地味にスゴイ!校閲ガール、河野悦子【最終回】

 

水曜日、とうとう校閲ガールが最終回を迎えました!

今クール、4本ものドラマを見ている私。(4本という数字、私にとってはかなり本数が多い…)そんな中の1つが、校閲ガール。

毎回、石原さとみちゃんの「ドラマ衣装・ファッション」に圧倒され、毎回かなりの刺激とテクニックを盗ませて頂いています…笑

 

水曜日の最終回ストーリー。

石原さとみちゃんが校閲担当をしていたある作家先生の「盗作疑惑」が発覚。それと時期を並行して、念願だったラッシー編集部から「企画書提案」の依頼が舞い込む。しかしながら、校閲部の仕事に追われ「企画書案」はそっちのけでとうとう企画書提出締め切りの前日に。その状況を見越した後輩:森尾の手助けで、「森尾の企画書を悦子の企画書」としてなんとか提出したものの…

そんなことを正義感の強い悦子自身が許すことができずに、ラッシー編集長にその事を正直に話した悦子。

こうして、夢への扉が開いたかに見えた悦子だったが…その扉は再び閉じてしまう。

そして、幸人君との恋も自ら、「今の自分は中途半端」として友人関係でいることを決意した最終回。

ファッション編集者になりたい!という夢も、イケメンの幸人君の恋人になる夢も、「タイミング」を重視した悦子。ファンとしては、是非この続きを「続編」として望みたい!そんな最終回でした。

 

Sponsored Link

 

 

最終回に見る、石原さとみちゃんの真似ファッション・真似アイテム

 

このブログでもシリーズ化、本日の更新で7回目を迎える石原さとみちゃんの真似ファッション・真似アイテム。

ドラマの終了と共に、今回が最終回となります。

 

■パステルカラーのコート

 

地味にスゴイ、河野悦子、石原さとみ、ファッション、衣装

出典:https://www.instagram.com/p/BNu80brDJWF/

 

これまでコートと言えば、色は「黒やグレー、ベージュ」と言ったインナーに何色を着ても「割りとハマる色」が定番だったかと思うのですが、今年の秋冬はまるで「春カラー」と思わせる色=パステルカラーのコートが数多く出ています。

ミントグリーンやライトブルー、ピンクと言った色です。

今回のドラマ内でも、ライトブルーのコートを石原さとみちゃんが衣装として着用していました。

 

着方は、相性の良い色であれば何にでも合わせて頂ければ良いのですが、オススメの着方はやはり「春らしい色やデザインと共に着る」という事です。

画像のさとみちゃんのようなファッションですね。トップスはオレンジ色のニット&スカートは春らしいデザインが施されたスカート、そして足元も「黄色ソックス」をポイントにしています。

 

「冬だからこそ(着る)」というのが、このファッションポイントでしょうか。

シーズンを先取りするのがファッション。と良く言いますが、それを良く表現しています。

 

 

あと、この写真でもう一つポイントになってくるのが「スカート丈とコート丈」のバランスです。

昨年までは、コート丈とスカート丈をほぼ同じにして「ラインを揃える着方」が主流でしたが、今年はさとみちゃんのようにコート丈からわざとスカート丈を20センチ程出す「アンニュイなファッション」が流行っていますので、一見「バランス悪い?」と思って躊躇しても、そこは踏みとどまらずに思いっきり出してしまうことをオススメします。

 

 

Sponsored Link

 

 

■プチバッグ

 

小さなコインケース、携帯、リップ…ぐらいしか入らないようなプチバッグ。

FENDIやサンローランなどのハイブランドや、雑誌の付録でも数多く出ていますよね。

校閲ガール、石原さとみ、衣装、ファッション

出典:https://www.instagram.com/p/BNu8tmEjwVA/

 

見えづらいですが…この写真でもさとみちゃんが携帯しています。

3歳のやんちゃ盛りな男の子がいる私にとっては、両手が空く&荷物が少なくてすむ。このプチバッグは、いつも長財布をコインケースに入れ替えコンパクトにして結構な頻度で使用しています。

また長いハンドルは肩がけにしても良いし、斜めがけとして2WAYで使えるので「持ち方」によって雰囲気が異なるのもまたポイントですよね。

そして普段荷物が多い方にとっては、トートバックの中に2次バックとして忍ばせてもいいですし、プチパックとトートバックを2つ持ちしても重宝します。

 

45324818vn_13_f

出典:http://www.ysl.com/jp/

 

8819891994654

出典:https://www.fendi.com/jp/

 

 

「何も入らなそうだし…」と敬遠している方も、是非色々な使い方でTRYして見てください!

「何も入らないですが・・・笑。お役に立ちますよ!」