Pocket

「日本平均21キロ」

これは、日本人が1年で「捨てるお洋服の量」と言われています。

 

 

 

ファストファッションブームの裏側を見たら…

 

近年、「ファストファッション」がブームとなり、デザインがオシャレで低価格なファッションが流行りを見せています。

 

私達がオシャレで低価格なお洋服を手に入れられることは大変有り難いのですが

でも少し考えてほしいのです。

「どうしてあの値段で、お洋服が手に入るのか」を。

 

 

その裏には

過酷な労働条件下で働かざる負えない発展途上国の労働者の皆さんがいます。

低賃金で働らく環境もさえよくありません。

 

また、ファストファッションブームによって

「オシャレでファッション性の高い服が追い求められ、流行遅れの服が次々と捨てられている現実もあります」

 

それが冒頭の数字です。

 

 

 

現実をしっかりと受け止める

 

年間にこれだけの量が処分されている現実は、「ゴミ問題」「環境問題」へと地球環境にも影響を及ぼします。

しかしながら、地球環境を脅かす「環境問題」は、「ゴミ問題」だけではありません。

洋服を作る際に工場から排出された「有害物質」もそうです。

 

そしてこれは、「これからを生きる、子供達への将来」への問題でもあるのです。

 

「服を買う、ただそれだけのこと」です。

 

 

私もファストファッションの愛用者ですし、「ファストファッション」が悪いとは言いません。

 

でも、私達がファストファッションを購入することで、これらの現実に拍車をかけてしまっている。

という現実を「きちんと受け止めてほしいのです」

 

 

 

私達に出来ること

 

そんな現状を知ってから

■お洋服を「適切な値段で購入する」

■まだ着れるお洋服を「大切に着まわす」=リサイクル

 

ことを、以前よりも心がけるようになりました。

 

 

事実、我が家の息子のお洋服は、殆どがリサイクルショップで購入した「リサイクル品」

肌着や下着など、肌に直接身につけるものは「新品」で購入しますが、その他は「中古品」で近所のリサイクルショップやメルカリを通じて購入しています。

 

また、保育園に通っているので

外遊びや食べこぼし等で、お洋服が汚れるのは「日常茶飯事」

これを見越して、初めから「リサイクル品」だと、親の「ストレス」(せっかく新しいお洋服を買ったのに「汚して~」)も無いことが利点。

「どーぞ、どーぞ、気が済むまでお汚し下さい。」ってね。

 

 

あと、子供服はすぐ「サイズアウト」にもなりますよね。

「去年のお洋服が今年着れない」ってことも多々発生します。

そこにお金をあえて投資しないことも、また節約になって良いです。

 

最近は子供服だけでは無く、私のお洋服まで「リサイクル品」になっているのが悲しい性ですが…

 

しかしながら、「リサイクル品」は侮っては行けません!!

リサイクルショップに行くと、いわゆる「中古品」だけでは無く、値札のついた「新品」も良く見かけます。

正規店でセール価格になっているものよりも、遥かに「お値打ち価格で新品」。

 

 

お洋服なんて一見見ただけで

「それが新品か、中古品か」なんて判断つきませんから!!」リサイクルショップ未経験の方がいらっしゃいましたら

どうぞ安心して、リサイクルショップをご活用下さいませ。