Pocket

老化予防の秘訣は、体内ホルモン「グレリン」と脂肪のサビ「加齢臭」の減少にあり


健康、老化予防

 

歳をとるにつれて、私達の体に変化が見られる【老化現象】

 

「足が痛い」「肩が上がらない」「疲れやすくなった」…これら全て【老化】と言われるべき現象。

しかしながら、ここ最近の研究開発で「これ以上体を老けさせない」=【老化ストップ法】が明らかになりつつあります。

「【老化】の影響を受けず、いつまでも若々しく健康な体を保つ方法」を今日は2つご紹介していきますので、最近少し【老化】しの兆候が見られる読者の方には必見の内容です!

これを見て、今日から【老化現象】を体内からシャットアウトしていきましょう!

 

Sponsored Link

 

老化予防の秘訣:その1は【体内ホルモン「グレリン」

 

【老化予防】の秘訣その1は、【グレリン】という体内で形成される【ホルモン】です。

 

【ホルモン】は、様々な臓器から分泌され、私達の体を日々若々しく保つ物質として知られていますが、こちらの【グレリン】は、1,999年に日本で見つかった比較的新しい【ホルモン】で、今大注目の【ホルモン】なんです。

 

通称、「老化ストップホルモン」とも言われ、外見の見た目だけでは無く、心臓や・血管・腎臓…というあらゆる臓器を、そして加齢による【老化】を内側からストップさせる効果が報告されています。

 

しかしながら、そもそも【老化する】という事は一体何を意味しているのでしょうか?

 

人間の体は約60兆個の細胞で成り立っていると言われているのですが、その細胞1つずつに酸素の取り込みがしっかり行われず、そこから排出されるエネルギーの減少。

つまり、しっかりとしたエネルギーが作られない事で、体が思うように動かなくなったり、疲れが溜まったりすることを【老化現象】と呼びます。

しかしながら、そこに「老化ストップホルモン」があれば、きちんとした過程でエネルギーが生成されるようになるというのです。

そしてその「老化ストップホルモン」が【グレリン】という訳です。

 

では、「老化ストップホルモン」【グレリン】が体内から生成される時とは一体どんな時なのでしょうか。

それは、お腹が空いた時に鳴るあの「グ~~」という音。

空腹時

引用:引用:クイ~ズ

 

「老化ストップホルモン」【グレリン】を出す最大のポイントは「空腹時」だと言います。

 

空腹を感じると胃から大量に出るのが【グレリン】

 

お腹が鳴らなくてもある程度「グレリン」は分泌されていると言われていますが、あの音を聞いてから食事と取ることで、「老化ストップホルモン」の生成は最大限になります。

完食をなるべく控え、お腹が「ぐ~~」となったら食事を取ることで、同時に【老化現象】が抑えられることを是非覚えておきましょう!!

 

Sponsored Link

 

老化予防の秘訣:その2は【脂肪のサビ「加齢臭」の減少

 

老化予防の秘訣:その2は【脂肪のサビ「加齢臭」の減少】です。

 

具体的にどういうことなのか…

これまで、日常生活における「暴飲暴食」「生活習慣の乱れ」が内蔵脂肪となり、それが私達に「健康被害」をもらたしてきたと考えられて来ましたが、

最近の研究で内蔵に脂肪がつくだけでは無く、それが金属のようにサビつき、それが【老化】し、心筋梗塞や認知症、ガン…と言った体に様々な病気を引き起こすことが分かってきました。

 

その為、この【脂肪のサビ】を排除することこそが、【老化現象】をストップさせる第2のポイントです。

 

皆さん、酸化した油を見たことはありますでしょうか。

 

普段は少し黄色掛かった色をしていますが、油が酸化すると色は茶色に変化し、感触もドロっとした感じになりますよね。

この酸化した油と同じような状態が体の中で起きること、これが【脂肪のサビ】です。

これが私達に【老化現象】、さらには「健康被害」として襲いかかって来るのです。

 

こちらも【脂肪のサビ】を簡単にセルフチェック出来る項目がありますので、是非皆さんもご自身の体内に【脂肪のサビ】が無いかチェックしてみてください!

 

チェックのポイントになるのは、なんと

「朝起きた直後の枕の匂い」です。

 

枕から臭う【加齢臭】こそが=ご自身の【脂肪のサビ】。

加齢で衰えた細胞から老廃物が発生し、この老廃物が多ければ多いほど大量の脂肪を錆びさせ、溢れた老廃物は外ににじみ出てくる。

これが【加齢臭】なんです。

 

そして【加齢臭】の匂いの特徴こそが、古い油のような「酸化した匂い」や古い押入れやタンスの「酸っぱい匂い」。

皆さんの枕はこんな匂いしていませんか?

 

Sponsored Link

 

ポイントは、

■寝起き

■(自分でやるのでは無く)家族など他人がチェック

■匂いを一番発する、首元の匂いを嗅ぐ

上記3点がポイントです。

 

では、危険信号が伴った場合は一体どうすればよいのでしょうか。

 

大丈夫です…【脂肪のサビ】をしっかり落とす食材が摂取できる「栄養素」があるのです。

それは「ビタミンE」。

「ビタミンE」は、いくらやハマチ・タイ、うなぎ・アボカド・ピーマン・さつまいも・かぼちゃ・マンゴー、ナッツ類に特に多く含まれていると言われていますが、

引用:良好倶楽部

 

この【脂肪のサビ】を撃退するには、なんと1日25mg以上の「ビタミンE」が必要で、日本人の1日の平均摂取量は6.4mg

不足分の18mgの「ビタミンE」を増して摂取しなければ行けないという事になります。

 

この18mgという数字、食材で取ろうと思えば

タイなら4尾、かぼちゃであれば半玉。というとかなりな量であることが分かります。そんな時は「ビタミンE」の値を一気に上げる調味料がオススメです。それは「サフラワー油」「ベニ花油」。

ドレッシングなどにも使用されているさらっとした感触の油で、溶けやすく、食材を一緒に摂取することで「ビタミンE」の吸収力も一気にUPします。

 

是非【老化】が気になる方は、是非トライして見てくださいね。