Pocket

夫婦関係において、お互いの価値観やタイミング、当たり前感?が違うな~と感じる事って、どの夫婦にもありますよね。

そんな時、皆様のご家庭においてはどう対処されていますか?

 

■相手にその都度、指摘していますか?

■何も言わないで我慢しますか?

 

 

そんな事を考える事が最近、我が家にもおきました。

 

それは「洗濯物の干し方」について.

 

 

我が家の家事は分担制

 

我が家は結婚した時から、共働きという事もあって、家事は「分担」が当たり前。

「お互いが得意な方を担当しよう…」という事で、結婚当初から

■夫→ゴミ出し、掃除、食事の後の皿洗い

■私→料理、子供の世話全般、洗濯

 

 

主には、こんな感じなのですが

先日、「洗濯」担当の私が、夜息子と一緒に寝入ってしまい、

結果的に夫に洗濯物を干してもらう形になったのですが…その洗濯物の干し方が「驚愕」だった話。

 

まず

■Tシャツ(しかも私の)をハンガーにかけず、物干し竿にそのまま無造作に洗濯バサミで止めてあり、

■ハンガーに掛けて干してあるYシャツはボタンもかけずに、左右斜めな状態でぶら下がっている…

 

と、ツッコミがこれでもか!と入りそうな勢いのベランダになっておりました…

 

 

が、ここであえて

「なんでこんな干し方するの?」

とか

「干し方が違う!!」

といった注意・ダメ出しは一切主人にはしませんでした。

 

 

ただ一言、「ありがとう、助かったよ」と伝えました。

 

 

文句・愚痴では無く、「感謝」を伝える

 

以前はその都度注意をしていましたが、注意をしても自分が不得意って思っている部分って、なかなか成長しないんですよね…

これはお互いにそうです。(だからこそ、お互いが得意な分野を担当している訳であって・・・)

 

なので、注意では無く「感謝をする」「感謝を伝える事」に、向きを変えたのです。

 

 

「男性は単純」と良く言いまずが、これこそ「褒めて伸ばす作戦」です。

夫の場合、「伸ばす」事では無く「次も、心良くやってもらえること」に繋がるわけなんですが、

 

我が家は「相手を否定する事」を止め、「お互いに感謝をすることで、良い夫婦関係を築き、それを次の機会へと繋げること」にしたのです。

 

 

 

「最近、旦那様に愚痴を言ったこと?ダメ出しをしたこと?」

・・・もちろんありませんよ笑。

 

 

「感謝を忘れない夫婦関係」、これからも大切にして行きたいです。