Pocket

逃げるは恥だが役に立つ

 

私達は、友達でも恋人でも、夫婦の関係でも無い…雇用主と従業員の関係。

そんな言葉から始まった、「逃げるは恥だが役に立つ」第二話。

第二話は、新垣結衣さん演じる:みくりと、星野源さん演じる:平匡がお互いに雇用主と従業員という関係の「契約結婚」をスタートさせ、1つ屋根の下に共同生活。

そして、この状況を家族や会社の同僚には正式な「結婚」として報告するも、色々な波乱が巻き起こる…という内容でした。

また、ラストにはお互いを少しずつ意識し始める素振りを見せたり、見せなかったり?

第三話が楽しみです。

 

Sponsored Link

 

第二話に見る、新垣結衣さんのファッション

 

1話に比べると、エプロンを掛けての場面や少しフォーマルな衣装での登場が多かった第2話。

そんな第2話で抑えておきたい新垣さんのファッションが、「ドレープフリルのカットソー」です。

 

■ドレープフリルのカットソー

袖にドレープのデザインが施されたニット素材のカットソーをお召になられていた、新垣さん。

「オシャレに見せたい!」「ファッションセンス良く着こなしたい!」のであれば、

「デザインが凝った・デザインがオシャレなお洋服を取り入れること」が一番早い解決方法だと、私は思っています。

(それが、似合うか似合わないか…は無論置いておきます)

 

 

なので、「デザイン性のあるお洋服」を取り入れる事は、オシャレをする上で凄くポイントになって来ます。

その観点からみると、

新垣さんが着用していた、ドレープフリルのカットソーは「誰でも取り入れやすく、すぐ真似できるアイテム」

袖にデザインがある=ボリュームがあるお洋服というのは

■肩が、なで肩の方

■華奢な方

に特にお薦めアイテムです。

 

体のラインが細い所、ボリュームが無い所をデザインでカバー・ボリュームを出すことが出来る からです。

 

Sponsored Link

 

第二話に見る、石田ゆりこさんのファッション

 

新垣さんの叔母さん役の石田ゆりこさんのファッションもチェック。

石田さんは、アラフィフ・未婚でバリキャリの役を演じているので、ドラマの中のファッションも「キレイめオフィスファッション」がメイン。

今回は、冒頭での親族顔合わせシーンで着用していた、ミルキートーンのブラウスがとてもキレイだったので、こちらのアイテムをチェック。

 

■ミルキートーンのブラウス

石田さんが着用していた、ミルキートーンのブラウス。

ミルキートーンが今年の秋冬要チェックの色だということと、なんと言っても背中が半分位開いたVネックのラインがとても素敵なデザインでした。

前から見ると、普通のボートネックのデザインなんですが、後ろの背中がぱっくり。

 

背中に特徴のあるデザイントップスも流行中で、リボンがついていたり、総レースのものであったり…各ショップからも続々と出ています。

 

 

もとから、前後反対のデザインの服では無くても、例えばVネックのカーディガンでも代用可能。

デザインにもよりますが前後反対に着れば、背中にキレイなVラインが完成します。

 

また、石田さんがこのミルキートーンのブラウスと一緒に合わせていたのが、シンプルなロングのパールネックレスです。

ミルキートーンと、このパールの「白」の色合いがとてもキレイで、大人の合わせ方をしてらっしゃいました。

 

でも、ロングチェーンとはいえ、パールネックレスは少し「大人の女性のイメージが否めない…」という方には、

■ゴールド系のロングネックレス

■ボリュームのあるピアス・イヤリング

 

をつけると、とてもバランスが良いです。

 

ブラウスがシンプルな分、アクセサリーでボリュームをつけることが大事になってくるのですが

ネックレスとearアクセサリーのバランス感がとても重要。

 

■耳にボリュームに持たせるのであれば、ネックレスはこぶりなものorつけない

■胸元にボリュームをもたせるのであれば、earアクセサリーはこぶりなものorつけない

 

これが鉄則です。

 

 

参考になれば嬉しいです。

次回の更新をお楽しみに!