Pocket

高田純次、当て逃げ、金で解決、当たり屋、被害者とは?

引用:ライブドアニュース – Livedoor

 

俳優でタレントの高田純次さんが、都内の高速道路で「交通事故」を起こしました。

そして驚くべきが、高田純次さんにとっては、ここ10年間でなんと3回めの「事故」なんだそう。

 

「交通事故」の常習犯ともいうべき高田純次さん

幸い、加害者である高田純次さん、被害者であるAさんに命に関わる怪我は無かったものの、事故を起こした高田純次さんが「事故」後に、そのまま走り去ったこと。

 

そして、

このネタを被害者のAさんが、(その時の音声録音データや警察に事故の届け出をしなかった…ことなど)用意周到&「週刊文春」に、このネタを提供したこと。が、「当たり屋なのでは?」と、SNS上で沸騰しています。

 

そんな高田純次さんの「当て逃げ事故」を、今日は深掘りしていきます。

 

Sponsored Link

高田順次「当て逃げ」、金で解決を持ちかける。

まず事故の詳細は、こうです。

 

「事故」の現場となったのは、都内の高速道路。

高速道路を走っていた、被害者のAさんの車。

合流地点で左側から、高速道路に合流してきた「ポルシェ」に、本線を走行していた車の左後部を接触されたとのこと。

 

高速道路ですので、両者とも100キロ近いスピードが出ていたことでしょう。

事故の衝撃は、「ゴツン」という大きな音だったそうですが、接触した「ポルシェ」は、そのまま被害者の車を追い越していったそう。

 

ですが、15分後

首都高を降りた「高田純次」さんのポルシェは、脇道に停車。

 

被害者Aさんと「事故」の話し合いが行われたと言いますが、加害者の「高田純次」さん側から提示されたのは、

「今、20万円持っています」

という、「お金の解決策」。

 

この高田純次さん側からの「お金の解決策提示」にも、批判が殺到。

 

・これまで「事故」を起こした経験談、「金で解決する」ことが1番てっとり早い。(ことを知っている)

・「お金で解決」することで、面倒なことを省きたい思いが見え見え。

とか、ネットでは様々な意見が上がっています。

 

 

Sponsored Link

高田純次「当て逃げ」、被害者側も「当たり屋」を囁かれる?

上のトピックだけを見ると、「高田純次」さん側にどうしても「非」があるように思えてなりませんが、実は被害者であるAさん側にもグレーな噂が持ち上がっています

 

それは、「被害者Aさんは、当たり屋ではないか?」ということです。

 

記事によると、被害者Aさんは22歳のフリーター。

「フリーター」所謂、定職にはついていないとのことなので、「普段どのような生活をしているのか?」「運転していた車は誰のものなのか?」も気になる所ではありますが…

 

今回、被害者Aさんの父親もコメントを出していること、

そして「フリーター」という立場上、収入も少ない。と考えられるので、「実家住まいではないか?」とも推測されます。

 

以上、被害者Aさんのバックボーンを予測すると(これはあくまで、私の予想です)

「(お金欲しさで)当たり屋をする意図」は、十分あるのではないか?と思います。

 

Sponsored Link

また、車を接触されて、命に別状無かったものの、その後の医師の診断で

「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間の診断を受けた被害者Aさん。

 

それほどの怪我を追っても、(双方とも)警察への被害届は未だに提出していないと言います。

通常の「交通事故」であれば、まず「警察」に通報して、双方の間に入ってもらい、事故の処理を円滑に進めるのが一般的。

 

加害者の「高田純次」さん側としては「お金で示談」を持ちかけてきた以上、(警察沙汰にせず、両者で穏便に解決したいという)気持ちが、「20万円」という提示の仕方だったのでしょう。

その気持ちがある以上、加害者側から「警察への届け出」はおそらく持ちかけないハズです。

 

ですが、当てられた側の被害者は「警察への届け出を率先しても良いはず」とうのが、世論の意見。

私もそう思います。

 

なので、「警察に届け出をしないのには、何か理由が?」ということで

「当たり屋ではないか?」と、噂になっています。

 

Sponsored Link

高田順次・当て逃げ、被害者側に噂される「当たり屋」とは?

被害者側に噂される「当たり屋」、皆さん知っていますか?

 

簡単にいうと、「故意に、事故を起こしたり・接触を起こし、非が相手側にあることを責め、金銭を要求すること」ですね。

なので、「わざと、事故をふっかけられる」のです。

 

被害者Aさんは、「話し合いで解決したかった」と言い、警察への届け出はしなかった。と言いますが、

第3者から見れば、「お金目当て?怪しい。。。」となる訳です。

 

そして、事故の直後

「高田純次」さんが、被害者Aさんに話をした内容をスマホの録音機能を使って録音をした、Aさん。

 

 

その内容を「週刊文春」に売り飛ばしたこともまた、「お金目当てではないのか?」と金銭要求を目的とした「当たり屋」と噂になっています。

 

ですが、これは第3者が外野でワイワイ言っている「仮説」に過ぎず、

「本来の意図」は、被害者Aさんにしか分かりません。

 

ですが、被害者は成人をちょっと過ぎた22歳の男性にも関わらず

被害者の父親がメディアの前に姿を出してコメントを出すなど、まだ親の「介入」があるのもまた事実。

 

今後は、弁護士を間に立てて「話し合い」で解決する方向のようですが、果たして「決着」を無事に迎えることができるのでしょうか。

 

「じゅん散歩」などの、レギュラー番組も抱えている「高田純次」さん。

今後、仕事への影響もまた広がりそうです。