Pocket

 

 

私が主人から「褒められる唯一の事」

それは、「料理」です。

 

 

でも、私自身

料理教室に通ったわけでもなく、母親から熱心に「教わった」わけでも無く

私に特別な「テクニック」があるわけでもありません。

 

 

では何故、そんなに褒められるのか。

 

それはただ単なる、

「調味料」のおかげです。

 

この「調味料」達があるからこそ、

私の「褒められ料理」が完成します。

 

 

しかしながら、

特別にお高い「◯◯な調味料」やお取り寄せの「特別な調味料」を使っている訳でもなく

 

普通のスーパーで売っている「ごく普通の調味料」ですので

ご安心下さい。

 

 

■料理が苦手で…

■味付けの仕方が分からない…

■調味料の分量が分からない…

 

と、お料理に苦手意識を持たれている方は、是非これをみてTRYして見てください。

 

「目から鱗がおちるほど、簡単ですから」

 

 

私が調味料として、よく使うのがこの5つです。

 

■ミツカン 「追いがつおつゆ」

■シマヤ 「こんぶだしの素(粉末タイプ)」

■富士 「がらあじ 鶏ガラスープの素(粉末タイプ)」

■あじのもと 「コンソメ(粉末タイプ)」

■シマヤ 「だしの素(粉末タイプ)」

 

 

これだけで、「和洋中」のお料理の味付け・ベースが完成します。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

和食編

「追いがつおつゆ」

 

これは本当に便利で、手放せません。

 

 

シンプルに

■そうめんや、うどんなどの「めんつゆ」として

■親子丼をはじめとする「丼もの」の割り下として

が定番ですが…

 

 

我が家では、「ピーマンの肉詰め」の「味付け」としても使っています。

つゆを水で少々割って入れ、全体的に少し煮詰まったら完成。

シンプルですが、それだけで立派な「味付け」になります。

 

 

ただの「つゆ」ですが、

原料に「しょうゆ」や「みりん」「お酒」等…の調味料の「いろは」が入っているので、

調味料をあれこれ入れなくても、これ一つで「完成度の高い味」が完成するのです。

 

 

「こんぶだしのもと」

 

これは、上記の「追いがつおつゆ」と一緒に

■うどんやそばのスープにしたり

■きゅうりや、旬の野菜に揉み込んで「浅漬」にしたり

■醤油と一緒に、「和風パスタ」の味付けに使ったり

 

 

定番の「だしの素」

 

■お味噌にプラスして、お味噌汁の味付けに使ったり

が定番ですが

 

■炊き込みご飯の味付け

にも使用します。

 

「具材」と、お醤油・お塩・だしを入れて炊飯器のスイッチをオン!

それだけで、風味豊かな「炊き込み御飯」がお家で出来ます。

 

 

Sponsored Link

 

中華編

「鶏ガラスープの素」

 

■お湯に溶かし、好きな具材や卵を落として「中華スープ」

■水餃子を浮かせば、餃子スープ

■鶏肉とにんにく・しょうが、野菜で「サムゲタン」

 

と、

ベースは一緒ながら、具材を変えるだけで様々なバリエーションの「中華スープ」が完成。

 

その他

■チャーハンの味付け調味料として

■オイスターソースと一緒に使えば、大概の「炒めもの」の味付け調味料として

 

フルに活用出来ます。

 

 

Sponsored Link

 

洋食編

「コンソメ」

 

■コンソメと野菜を一緒にスープで煮込めば「ポトフ」

■パスタの味付けに

■ケチャップと一緒に、オムライスの味付けに

■トマトと夏野菜と一緒に煮込めば、ラタトゥイユに。

 

 

と、

洋食やイタリアンベースの味付けに一役買ってくれます。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

特別難しい事は、何一つやっていませんが

 

便利な調味料と、それに合わせる「食材」・味付けの方向性(和洋中)さえ間違わなければ

自然と「格が上がる料理」になります。

 

是非、お試し下さいね。