Pocket

先週の週末に、2泊3日で四国の旅へ行って来ました。

家族で行って来たので、夫と3歳になったばかりの息子と3人旅。

 

3歳のやんちゃ盛りの息子も同伴だったので、

息子をどう

■「飽きさせずに」

■「退屈させずに」

■「効率的に回るか」

 

に重点を置きながらの、旅行のプランニングでした。

 

良かった・オススメの観光スポットと合わせて、小さなお子様には必須な

電車の中・待ち時間等の「時間つぶしアイテム」。

今回の旅行の中で、良かったもの・これは役に立った!というアイテムも合わせて、ご紹介して行きたいと思います。

 

 

 

今回の旅の最大の目的でもあった「アンパンマン列車」

 

子供達のアイドル「アンパンマン」が列車になって、四国各地を走っています。

 

アンパンマン列車が走っているのは、以下の線。

■予讃線(よさんせん)…岡山~松山~宇和島間

■土讃線(どさんせん)…岡山~高知~中村間

■ゆうゆうアンパンマンカー…徳島~阿波池田・高松間

■瀬戸大橋アンパンマントロッコ号…岡山~高松・琴平間

 

の4路線のみ。

 

ただし、乗車にはちょっと注意が必要なんです。

 

 

アンパンマン列車乗車時の注意事項

 

①走っている本数が劇的に少ない。(1日4~5本とか)

②路線によっては、土日祝のみの運行

③事前予約が必要な路線もある

 

という感じで「いつでも・どこでもアンパンマン列車」に巡り会えるわけではない。というのが現実。

 

なので、これから「アンパンマン列車」に乗りに行こうと思っている…という方は、綿密な計画が必要かもしれません。

 

 

 

我が家の旅行計画

 

我が家の旅行計画は、どうしたかというと…

①まず時刻表とにらめっこし、「乗車可能なアンパンマン列車」に目星をつける。

②何本か絞った列車と、日程を照らし合わせ、日程の中でベストな日にち・時間帯を絞る

③我が家の場合、1日目の「岡山~松山」に移動する電車をアンパンマン列車にするのが、ベストだったので、それに決定

④岡山発のアンパンマン列車に合わせ、乗車する新幹線を決定

⑤予約

 

 

という流れで行いました。

 

見てわかるとおり、「アンパンマン列車」が中心な旅行計画です。

 

 

でも1つ、惜しかったな~と思う、心残りな点が1点。

それは「アンパンマンシート」に乗れなかったこと。

正確に言えば、「乗せてあげられなかったこと」

 

 

 

アンパンマンシートの秘密

 

我が家が乗った、岡山~松山間を走る「アンパンマン列車」には、1号車の中に「16席」だけのプレミアムな「アンパンマンシート」があります。

その他の号車は、天井にアンパンマンや他のキャラクター達が描かれているだけなのですが(電車の外装は、全ての号車でアンパンマンです)

このプレミアムシートは、シート自体に「アンパンマン」や他のキャラクター達が描かれており、前の座席についた「テーブル」を引き出すと、アンパンマンのおもちゃが出て来るというプレミア感たっぷりのシートなんです。

 

「息子をこのシートに乗せて上げたい」とうのが、親心。

 

旅行をお願いした日本旅行さんに、

「岡山発のしおかぜ9号の座席を、1号車のアンパンマンシート」にしたいんですが・・・」と問い合わせをした所

 

このシートは「グリーン席」に当たるようで

「この席にすると、新幹線の席までグリーン車にする必要があります」との返答が。

 

ちなみに「グリーン車にすると、大人往復で幾ら増額になりますか?」

 

と食いつく私。

 

「プラス、お一人様2万5千円です」

 

うーん。うーん…

 

息子の笑顔と、現実的な金銭の問題、2つを天秤にかける私。

 

でもやっぱり、「現実的な問題をとった母」

 

ごめんよ、息子。

 

でも「プレミアムシートを見せなきゃ良い!!」と割り切り、普通・指定席にてアンパンマン列車を楽しみました。

 

指定席でも十分に、楽しめましたよ!

 

これから乗車を計画している方の参考になれば、嬉しいです。