Pocket

2日目、高知県内の観光スポットを巡った我が家。

今日は、大人(私と夫)の「巡りたかったスポット」を2箇所、ご紹介したいと思います。(息子懇願の高知アンパンマンミュージアムのレポ模様は、前回のブログへどうぞ)

 

松山市内から、高速を利用して「高知インター」で降り、そこから一般道を30分ぐらいかな。

私が行きたかった「ひろめ市場」に到着しました。

 

 

「ひろめ市場」

 

時間は11時。お昼御飯をここで食べたかったので、ちょうど店内が混む前に到着していい感じ。

どんな所?かというと

65店舗もの飲食店や専門店が集結し、各店で購入したものを、その場のフードコートですぐに食べられるという市場です。

 

子連れだと、食の好みを「子供に合わせること」が多くなりがちではありませんか。

 

いつもであれば全然良いのですが、「旅行に来た時ぐらい、好きなものを食べたい!」という気持ちが勝ってしまい

そんな気持ちから、セレクトした場所です。

ここであれば、大人は高知名物「かつおのタタキ」を堪能出来るし、子供は大好きな「うどん」でお腹いっぱいになる。

そんな、大人も子供も楽しめる大満足なスポットです。

 

 

やっぱり本場で食べる「かつおのタタキ」は美味しかった~

目の前で「藁」でカツオを焼き、「塩」と「ゆず酢」で食べる、タタキ。お薦めです。

(こちらだと、おしょうゆで食べるのが一般的ですよね。)

 

■明神丸 ひろめ市場店

11時オープンなのですが、大人気店の為、オープン前からお店の前には長蛇の列が出来ていました。

「並んで食べる価値あり」です。

 

あとは、「うつぼ」のお寿司とお刺身を初めて食しました!

「うつぼ」、食感がまるで鶏肉のような淡白であっさりとしていて美味でしたよ。

是非、ご賞味下さいね。

 

 

龍河洞

 

こちらは、主人が行きたかった、鍾乳洞で有名なスポット。

鍾乳洞では全長4キロという全国屈指のスケールを誇り、国の天然記念物と史跡に指定されている鍾乳洞です。

全長は4キロですが、見学できるのはそのうちの1キロ。

3歳児がいたので、その1キロも30分ぐらいかけて歩きました。

 

鍾乳洞なので、足元は滑りやすく・洞内は高低差が激しかったです。

その為、小さなお子様連れはちょっと苦労します。

3歳児で一人で歩ける年齢でしたが、常に手をつなぎながら歩いていましたし、途中で「だっこ~」とか言われた分には、もうアウトです。(だっこで行けるほどの余裕はありません)

 

お子様連れでは、3歳児でギリギリ。

ベストな年齢で言えば、年長さんぐらいです。

また、男の子であれば「探検モード」で、楽しめる洞窟スポットです。