Pocket

eBay、商品未着の場合どうすれば?郵便局の対応は振込返金。

eBay、イーベイ、未着、郵便局、対応、どうする

 

Sponsored Link

 

こんにちは、sahfamilyです。

これまでeBayを2年ほどやってきましたが、先日、初の「損害賠償請求」が発生しましたので、その様子と郵便局の対応について、レポしていきたいと思います。

 

eBay、商品未着の場合どうすれば?

eBayで、海外と取引をしていると、

「商品がまだ到着しない…」とバイヤーから連絡が入ることがありますよね。

 

「追跡番号」付で商品を配送しているのであれば、まず国際郵便のHPから追跡番号を確認し、

「今、商品がどこにあるのか?」をWEB上で確認します。

 

その際、

■データの更新が止まっているパターン(最終更新から月日が経過しているパターンも含む)

の場合は、「商品がどんな状況にあるのか?どこにあるのか?」をWEB上から正確に把握することが出来ません。

 

その為、バイヤーには「商品の詳細を確認する」と一言伝え、

商品を出した郵便局に「調査請求書」を提出し、詳細を確認する必要があります。

【郵便局】調査請求書・INQUIRY

 

ですがこちらの「調査請求書」、先方の郵便局(送った国の郵便局)に確認する必要があるため

調査には「約1ヶ月~2ヶ月」の時間を要します。

しかし、この「調査請求書」を出した途端、先方の郵便局に「保管」となっていた荷物が突然動き出し、配送完了となった事もありますので、時間は要しますが出して状況を見られることをオススメします。

 

このような事態になった場合、私は

「バイヤーに、郵便局に「調査請求書」を出して確認しているので、1週間程時間ください。」と一言念をおき

出した後に、商品が動き出し→配送完了となれば◎。1週間以内で、状況の変化も無し&郵便局からの詳細の報告も無い場合は、止む無くバイヤーには返金対応をし、その後郵便局からの進捗を待つ。。。感じで対応をします。

 

今までは、その後「商品が見つかった」と連絡を受けることが多かったのですが

今回、初の「商品紛失」という結果に終わりました。。。

 

Sponsored Link

【eBay】商品未着の場合、郵便局の対応は振込返金になる。

「調査請求書」を出してから約2ヶ月経った頃、配送出しした郵便局から電話にて結果連絡を受けました。

ですが、実際の「返金対応窓口」はその地域の大型郵便局になるため(地域にもよるんですかね?)、再度「窓口担当」から連絡が行くとのこと。

 

そして、待つこと1週間。

(間が空きすぎじゃない?、やっぱり日本郵政…と思い始めた頃)

地域の大型郵便局の窓口担当の方から、「今回の処理に必要な、書類をお送りする」というご連絡を受け、届いた書類が以下です。

eBay、未着、郵便局、対応、どうする、返金

 

弌■ 損害賠償兼料金等返還請求書

eBay、未着、郵便局、対応、どうする、返金

 

弐■ 申立書

 

お堅い書類に見えますが、要は

「銀行口座、署名、内容物と金額を書いて送ってね」

そのとおりで間違いないのが確認できたら、指定の銀行口座にお金を振り込むよ!って話です。

 

また、内容品の分かるものの提示。も、要必要です。

この場合は、送ったeBayの商品ページをプリントアウトすればOKです。

 

Sponsored Link

【eBay】商品未着の場合、郵便局は全額返金してくれる?

ですが、紛失したアイテム金額の全額が戻ってくるのか?と言えば、残念ながらそうではありません。

 

郵便局の「eパケット」シリーズの場合は、通常の「eパケット」のみ。(追跡番号はRX番)

残念ながら、「eパケットライト」は本体保証の対象外です。

また、「eパケット」でも本体保証上限金額は「6,000円」までとなります。なので今回、販売価格約1万円の商品を紛失された私は、約4千円のマイナスです。(原価もありますので、正確に言うとそうでは無いのですが…)

 

そして、商品保証金額とは別に、「書留」の運賃も「eパケット」では保証されます。

ですが、これは窓口で支払った郵便運賃の全額では無く、「書留」のみの金額保証となります。

 

今回私は、郵便運賃として「860円」窓口で支払いましたが、「書留分:450円」のみの返金となる訳です。

 

届いた書類は、基本的な情報がすでに印字済なので、手を煩わせたり、難しい…と思う所は一切ありませんでした。

返送用の封筒も同梱してありましたので、必要事項を記入して→送る。だけです。

 

本日返送したので、実際にはまだ振込はされていませんが

書類上不備がなければ、指定の金融機関に1週間程で振り込まれる段取りです。

 

 

送った商品が、きちんとバイヤーさんに届くのがもちろんですが、海外の配送事情は日本に比べると不備が目立ちます。

それを踏まえ、「いざ」の時の備えと心構えは必要ですね。