Pocket

ZARAプチプラ&ファストファッション靴は滑りやすく注意&解決法

ZARA、プチプラ、ファッション靴、滑りやすい、解決法、注意

 

安くて、可愛いデザインが豊富なファストファッションブランドの靴。

 

私もその「安さ」と「可愛さ」に惹かれて、良く購入するのですが、安さ故「注意しなければならない点」があります。

それは「靴底」の滑りやすさです。

 

雨の日はもちろんですが、(地面が乾いている)晴れている日でも、「靴底」の素材と、地面の素材との相性が悪ければ「ツルッ」とします。

 

今日は、そんな「ファストファッション」靴が滑りやすく、注意が必要だよ。というお話。

 

Sponsored Link

ZARA・H&M・GU…プチプラ&ファストファッションの注意点。

「プチプラブランド」「ファストファッション」と言えば、何が思いつきますか?

 

今はネット中心に、「プチプラ 靴」と検索をかけてみると、非常に多くのブランドが3,000円以下の低価格で、デザインも可愛い靴を沢山展開していますよね。

 

「3,000円でこのデザイン?可愛い」

と私もすぐ飛びついてしますのですが、「安い」のにはそれなりの理由があります。

 

これは「靴」だけに言えることでは無く、洋服始め、他のアパレル商品にも言えることですが…

■縫製が甘い

■生地が薄い

■素材が貧弱

これが、安や故の「ファストファッションブランド」の欠点です。

 

買う前に必ず、上記の事が起きるであろう前提で買うようにすると良いと思います。

 

Sponsored Link

私も好きで「プチプラ・ファストファッション靴」は買いますが、ほとんど「1シーズンで駄目になります」

■ヒールの底のゴムが取れたり、欠けたり

■つま先が剥げたり

■かかとが薄くなったり

 

「プチプラ・ファッション靴」を買うと結構あるあるネタですよね。

なので、私は「1シーズンで履きつぶす勢い」で、プチプラ靴を購入しています。

 

であれば、このお値段は納得ですし、流行りのアイテムだと尚買いやすく・手が出しやすいですよ。

 

Sponsored Link

【ZARA・H&M・GU】プチプラ&ファストファッション靴は、滑り易い【注意】

そんな「プチプラ・ファッション靴」ですが、「靴底」には注意です。

特に「ZARA」は、最も滑りやすい。

 

大抵どこの「プチプラファッション靴」も、雨の日がその「滑りやすさ」のMAXを迎えるのですが、「ZARA」の「靴底」は、タイル系の地面の素材を相性が悪く、晴れている日でも、「つるっと」滑ってしまう可能性が高いです。

 

もちろん「ZARA」で展開している靴の「靴底」がすべて、滑りやすい素材。という訳ではありません。

 

恐らく、靴底の素材が「ポリウレタン100%」になっているものが「滑りやすいです」

「靴底」に凹凸が無く、素材自体も滑らかでつるっとしています。

ZARA、プチプラ、ファストファッション、滑りやすい、注意、解決法

引用:https://www.zara.com/j

 

これが非常に危険です。

 

特に履きやすい「フラット靴」を妊婦さんが履く際は、注意が必要です。

というか、むしろ履いては駄目です!危険です!!

 

私も大きいお腹で、ひやっとさせられたことが何回があります。

大きなお腹で転倒したり、体のバランスを崩してしまったら、大変です。

妊婦さんは、「プチプラ靴」では無く、きちんと「靴底」に滑り止め付きの素材がきちんとした靴を選びましょう。

 

Sponsored Link

プチプラ&ファストファッション靴の「滑りやすさ」を解決する方法は?

「靴底」がとても「滑りやすい」ファストファッション靴。

 

その「滑りやすさ」を解決する方法は、靴の修理専門店で「靴底」に「滑り止め機能のついているソール」を貼ってもらうこと。です

ですがこのソール、案外お値段が高いです。

 

私も「ZARA」」で購入した靴がとても「滑りやすく」危なかったので、1度この「ソール」を貼ってもらった経験があるのですが、両足で3,000円程でした。

 

値段の比較が出来なかったので、その修理店が高かったのかもしれませんが…

「高い!!」と思った記憶だけ残っています。

 

「プチプラ」で3,000円ぐらいで購入した靴が、倍の値段に早変わり。

「可愛さと安い」だけで飛びついてはイケない…ですね(笑)

 

Sponsored Link

今日は、自身の妊婦のヒヤリとした出来事や、修理に出した経験を交え「プチプラ・ファッション靴」の滑りやすさをお話ししました。

 

決して「プチプラ・ファストファッション靴」を否定しているのでは無く、「滑りやすさ」の危険があるよ。というお話です。

 

買いやすく・安いのが売りの「プチプラ・ファストファッション」ですが、その半面、「材料費をそこまで十分にかけられない」とも言うことができます。

 

素材や縫製がしっかりしているもの。を選びたいのでれば、それなりのお値段を出さなければいけませんし、「プチプラ」で良いというのであれば、(縫製が甘い、素材が貧弱という)覚悟をもって買わなければならない。と私は思います。