Pocket

ルパンの娘、美魔女、小沢真珠、台詞、強烈、怪演、キャラ濃い

引用:https://news.mynavi.jp

 

2019年7月期新ドラマ【ルパンの娘】の第1話が放送になりました。

放送前から期待値が高かったこちらのドラマ、第1話放送中に「ルパンの娘」がTwitterの「世界トレンド3位」に入るなど、「ルパンの娘」フィーバーに湧いていましたよね。

 

 

初回、第1話の視聴率は「8.4%」

2話のストーリー展開も楽しみでなりません!!

 

そして、第1話の放送後反響が大きかったのが

深田恭子さん演じる:三雲華の母親役を演じる、「小沢真珠」さんの「演技力」

 

「怪演」とも言われ、その目ヂカラが圧倒的な「演技力」に注目が集まっています!

 

 

Sponsored Link

【ルパンの娘】美魔女・小沢真珠の吐く台詞が強烈なインパクト!!

ドラマ「ルパンの娘」で、「泥棒一家」の三雲家の母親役を演じている「小沢真珠」さん。

 

第1話では、三雲家の父親でもあり、夫でもある「渡部篤郎」さんとのラブラブな夫婦シーンが沢山出てきて、

SNS上では、深田恭子さん演じる「華」と、瀬戸康史さん演じる「和馬」との恋愛関係よりも、

三雲夫婦の関係の方に「目が行ってしまう…」「サイコー」というツイートも沢山上がっていました。

 

 

そんな「小沢真珠」さん、

あるテレビドラマでは「この泥棒猫が!!」という有名な台詞 を吐き、その台詞がむしろ「小沢真珠」さんのイメージを先行するような形になってしまったのは、皆さん承知の事実(笑)

 

「ルパンの娘」では、真の「泥棒猫」になってしまった「小沢真珠」さんですが、

1話では、強烈なインパクトを残す「台詞」や「演技」が目立っていました。

 

 

■紙おむつ履いて、横になれ!

■天罰を下してやらないとね

■食べちゃいたい!!

 

私的には、第1話の「小沢真珠」ワードの台詞としては、この3つですかね。

第2話以降も続々と、強烈な「小沢真珠」ワードが吐かれそうです(笑)

 

 

Sponsored Link

【ルパンの娘】美魔女・小沢真珠、目力の怪演技。

そして「小沢真珠」さんの吐く「台詞」とともに、話題になっていたのが

「小沢真珠」さんの「目力の怪演技」

 

(小沢真珠さん)そのくりっとした大きな目が訴えるインパクトは凄まじく、第1話では強力な「目力」であっと言わせる演技を披露していました。

 

 

 

娘役の「深田恭子」さんとは、実際の年で「6つ」しか離れていないと言います。

そんな年の差たった6歳の2人が、親子関係を演じる「ルパンの娘」

 

母親役の「小沢真珠」さんに、「美しい」「キレイ」「美魔女」…という言葉の「反響」も沢山ありましたよね。

「美魔女」のフレーズは、ドラマ内で

夫役である「渡部篤郎」さんからも、「美魔女」フレーズをかけられていた「小沢真珠」さん。

 

「美魔女」も含め、この怪演は「小沢真珠」さんにしか務まらない!って位の「ハマり役」だと思います。

第2話以降の「小沢真珠」さんの「怪演」にも期待が高まります!

 

 

※ドラマ「ルパンの娘」キャスト陣関連記事、こちらもどうぞ。

ネプリーグ【深田恭子】ネックレスが可愛い、ブランドは?「AHKAH」

36歳【深田恭子】アラフォー間近の年齢に「老けない」の声、その秘策とは?

【ルパンの娘】祖母役「どんぐり」強烈で個性的インパクト顔、過去作も。

【ルパンの娘】警官:新谷香役・さとうほなみって誰?正体はゲスの極みメンバー。