Pocket

カエデフェニックス 豆柴の大群 ダンス下手過ぎ 失格 バイト生活の方がマシ?

引用:https://twitter.com/

 

クロちゃんプロデュースから卒業し、渡辺淳之介さん(WACK)のもと新たな道に進み出した”豆柴の大群”

 

新プロデュース第1弾として、まず渡辺プロデュ-サーが着手したのが、メンバーの改名。

 

追加メンバーとして加わったカエデは『カエデフェニックス』と改名し、可愛らしさ全面推しだったルックスも

少しハードな印象に変化しました。

 

そんなカエデフェニックスが持つ欠点、それが『ダンス』

 

アイドルとしてマストな武器のダンスが、カエデフェニックスにとっては、一番の厄介もの

MONSTER IDOLで見せたダンスも、下手のお済み付き(笑)

 

そんな実力で、この先アイドルとしてやっていけるのでしょうか?

 

今日は、カエデフェニックスの【とにかく下手なダンス】をクローズアップします!

 

Sponsored Link

カエデフェニックス(豆柴の大群) 下手過ぎるダンスとは?

 

MONSTER IDOLの番組企画内でダンスをする姿は何度が見かける程度、

そして水曜日のダウンタウンで、豆柴の大群がパフォーマンスを発表した際もカエデフェニックス加入前の4人でのパフォーマンスだったため、

カエデフェニックスのダンスの実力が露になったのは、CDTV大晦日SPにて、

豆柴の大群の5人で、音楽番組に初出演したときのこと。

 

Sponsored Link

カエデフェニックスが”豆柴の大群”にサプライズ加入することが知らされて、(音楽番組出演まで)1週間もない短い練習期間だったこともあって、

ダンスや歌の完成度が低い。状態であったことも要因の1つでしょうが。。。

 

まだまだ”素人の実力”が垣間見えてしまう、ダンスの出来でした。

 

ですが、カエデフェニックスは”豆柴の大群”に在籍する前にも、地方アイドルグループに在籍し、アイドルをやっていた時期も。

なんと!豆柴の大群のメンバー、ナオと同じグループに在籍していました!

 

 

ある意味、また同じグループでアイドル活動する2人は奇跡的!

 

 

なので、これまでも相当ダンスの練習経験があると思われるカエデフェニックス。

これはもはや、素質の問題ですね(笑)

 

『経験が無い新人』というくくりでは、済まされないカエデフェニックスのダンス。

 

これから、躍進するポテンシャルは果たしてあるのでしょうか?

 

 

Sponsored Link

カエデフェニックス(豆柴の大群) ダンス下手過ぎてアイドル失格?巷の反応は?

 

では、豆柴の大群・カエデフェニックスのダンスについて、巷の反応を見ていきましょう!

 

 

一方で、カエデフェニックスの【ダンス下手】を承知の上で、『個性』と捉えたり・『練習の成果』が表れている。。。

とポジティブに捉えながら、必死に頑張るカエデフェニックスの姿を応援するファンの姿もありました。

 

 

 

カエデフェニックス(豆柴の大群) ダンス下手過ぎて失格?バイト生活の方がマシ?

 

豆柴の大群への加入がサプライズ発表され、急遽メンバー入りとなったカエデフェニックス。

そのため、この年末年始も焼き鳥屋さんのバイトを入れていたんだとか。

 

そのスケジュールが急遽覆り、豆柴の大群のメンバーとして音楽番組のステージに立つこととなった、カエデフェニックス。

下手&苦手なダンスでアイドル生命が脅かされ、再び焼き鳥屋バイトのフリーター生活に舞い戻らないように

頑張ってもらいたいものですね。

 

 

Sponsored Link

カエデフェニックス(豆柴の大群) カエデから改名、フェニックスは不死鳥。

 

メンバー全員が改名し、衣装を含めビジュアルも一新した豆柴の大群。

メンバー全員の改名は以下の通り。


■アイカ⇒アイカ・ザ・スパイ

■ナオ⇒ナオ・オブ・ナオ

■ミユキ⇒ミユキエンジェル

■ハナエ(ex. WAgg)⇒ハナエモンスター

■カエデ⇒カエデフェニックス


 

MONSTER IDOLの中では、ルックスだけ見れば一番アイドルらしい、可愛い印象だったカエデフェニックス。

その印象がクールな感じに、ヴィジュアルがガラリと一新しました。

 

 

カエデに付属する『フェニックス』は、”不死鳥”という意味。

 

プロデューサーである、渡辺淳之介さんのカエデフェニックスに対する”期待”がこの名前によく表れていますよね。

 

今の実力は実力として。。。

今後大きく羽ばたき”蘇る”可能性を秘めた期待値の高いネーミング。

 

この改名に恥じないように…

ダンスと歌、成長した姿を是非とも見せてもらいたいものです!