Pocket

ドラクエウォーク通信量は?バッテリー消耗激しく通信制限、解決策は?

引用:https://www.google.com

 

9月12日(木)10時から、アプリでプレイが楽しめるようになった、ドラゴンクエストウォーク・略してドラクエウォーク。

 

プレイ開始とともに、続々とプレイリストの生の声がツイッター上で上がっています。

まだ配信直後ということで、プレイヤーの皆さんも”試行錯誤”しながらプレイしている…といった感じが見受けられますが、

プレイした感想は実に様々。

 

その中で、

■データ通信の速度制限がすぐかかりそう…

■電池の消耗が激しい…

という声が上がっていました。

 

家の中やWifiが繋がっている環境下でのプレイであれば問題はありませんが、”ドラクエウォーク”というネーミングも然り、

外で歩きながら、リセマラを獲得していくのがこのゲームの醍醐味。

 

今日は、屋外でプレイするには命綱的なバッテリーや通信量に関して纏めて行きます。

 

Sponsored Link

ドラクエウォーク通信量は?果たしてどのくらい?β版で検証

本日配信が開始されたドラクエウォークアプリですが、2019年の6月に検証版として「β版」をリリースしていたドラクエウォーク。

β版体験会として、抽選でβ版が使える。というものでした。

 

 

β版の体験会でプレイして、今回の正規版との比較を楽しみにしている方も沢山いらっしゃるようですし

そのβ版の体験会の際に、通信量についての感想もツイッター上で幾つか上がっています。

 

 

やはり、データ通信量はかなり持っていかれるようです。

 

月間の契約ギガが少ない方は、すぐに速度制限がかかってしまったりするなどプレイに支障がでる可能性がある、通信量問題。

 

β版体験会の際の感想をもとに、色々と調べた結果

あるユーチューバーさんが、体験会の感想を動画に纏めていらっしゃいました。

 

 

動画報告によると、4日間のB版体験会で要したギガは”310MB”、約0.31GBのデータ通信量を使用していることが報告として上がっていました。

 

実際、Wi-Fiの無い環境下でどの位の時間プレイをしていての結果…なのかは分かっていませんが、

この頻度であれば、すぐに”1GB”は使用してしまいそうな勢いです。

 

そして、1ヶ月(30日)に換算すると

0.07GB×30=2.1GB、単純計算でドラクエウォークのプレイだけで、2GBは超えてくるということです。

 

ちなみに大手携帯各社の~3GB使用目安・月額料金プランはというと…各社、契約縛りやファミリー割引・その他条件付きで、

■ギガ使い放題

■パケットを家族内で分け合える

…など、

 

メリット打ち出しのプランを出していますが、料金的には大手各社足並みを揃えていますので、

~3GBのプランだと、大体3,000円~4,500円程度です。

 

Sponsored Link

ですが、楽天モバイルに代表される格安スマホは、大手よりも2~3割り程度安い。です

 

ちなみに、楽天モバイルの場合

■(楽天会員の場合に限るの)条件付きではありますが、~6GBまでのプラン・Mで月額使用料が2,480円というお得なプランがあります。

⇒⇒⇒⇒⇒楽天モバイル料金プラン

 

その他にも、条件や使用GBによって様々なプランがありますので、

通信量問題でお悩みの方は、格安スマホも是非検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

Sponsored Link

ドラクエウォーク通信量は?バッテリー消耗激しく、すぐ通信制限。

β版体験会の後に、正規版に向けて”改善してほしいポイント”として、

■バッテリーの消耗品度

■データ通信量の改善

の声は、体験者から上がっているはずです。

 

その声が、今回のドラクエウォーク正規版にどう反映がなされたのか?が要注目ポイントだと思いますが、

実際正規版をプレイしているプレイヤーからは、β版と変わらない現状報告がツイートされています。

 

 

ドラクエウォーク、思ったより通信量が掛かる現状に、

■これ以上(通信量)かかるなら、プレイ止める。諦める。

という声も結構、上がっていました。

 

 

またアプリのダウンロード時や、プレイを始める前の詳細設定時にも、通信量がかなり掛かるようなので、是非Wi-Fi環境下でのDLをオススメします。

 

 

Sponsored Link

ドラクエウォーク通信量を抑え&バッテリー消耗を避ける・解決策は?

通信量を抑えることと/バッテリー消耗を避ける。ためには、

 

■Wi-Fi環境下でのプレイを推奨

当たり前のことですが、Wi-Fiがある環境下で出来るだけプレイをすることが出来れば、通信量はかかりません。

 

家の中や、カフェ・レストランなど、今では当たり前の用に街中にあふれていますので、

そういった場所や、Wi-Fi環境下からWi-Fiの電波が届く範囲内でプレイするなど、データ通信量を抑えたければ、プレイできる範囲に制限かけることも必要かと思います。

 

これ以外の範囲に出よとすれば、データ通信量が掛かることは必須ですし、それに伴い速度制限がかったり、料金超過になることは免れません。

 

■ポータブルWi-Fiを持ち歩く。

屋外でのスマホのデータ使用が多い時は、ポータブルWi-Fiが便利ですが、

通信業者との回線契約をしないと行けなかったり、通信量自体にもお金がかかってきます。

 

ポータブルWi-Fiを持ち歩いたからと言って、データ通信量がタダになる訳ではありませんので、少し注意が必要です。

 

またスマホと同じように、データ通信量が規定を超えると速度制限がかかったり、

使う場所によって契約する周波に違いが出てくる、ポータブルWi-Fi。

ドラクエウォークなどをする屋外には、高周波数帯(2.5GH/WiMAXなど)が繋がりやすく、契約料金も低周波数帯(1.5GH~2.1GH/プラチナバンドなど)に比べて、やや割高です。

 

契約通信会社によって、料金に差はあるようですが、大体費用はこんな感じのようです。

 

・初期費用:全社共通手数料3,000円

・端末代:無料(まれに有料のケースもあるので注意)

・月額基本料金:2,000円~5,000円

・違約金:10,000円~25,000円(2~3年の契約期間内に途中解約をした場合)

引用:https://www.kashi-mo.com

 

 

このあたりに十分注意して、ポータブルWi-Fiを本当に契約してまでも持ち歩くべきなのか?

慎重に吟味していきたいですね。

 

■バッテリーの消耗を避けるには、モバイルバッテリー。

正確に言うと…バッテリーの消耗を避ける。直接的な手段ではないですが

バッテリーの消耗が激しい時に有効なのが、モバイルバッテリー。

 

モバイルバッテリーを常に持ち歩いていれば、「やばい!充電が切れそう!」と言った屋外でのピンチの時に乗り切ることが出来ます。

家電量販店やコンビニなど、今の時代比較的どこでも手に入れられるモバイルバッテリー。

 

屋外でプレイする際は、一緒に持ち歩いていると便利かもしれませんね。

 

モバイルバッテリー Anker PowerCore 10000 (10000mAh 世界最小最軽量* 大容量 コンパクト モバイルバッテリー) iPhone / iPad / Xperia / Android各種スマホ対応 【急速充電技術PowerIQ搭載 / PSE認証済】2.4A出力 充電器

価格:3,099円
(2019/9/14 07:04時点)

 

以上、ドラクエウォークに関してのデータ通信量やバッテリーの消耗頻度などを纏めてきましたが

記事を纏めていて、

”プレイをしたければ、データ通信量が掛かる。それを前提にゲームを楽しむ。”

に尽きるのではないか?と思いました。

 

データ通信量は、思っているほどすぐ超過します。

 

それを覚悟でゲームを楽しむか、それが嫌なら手を出さないか。

二者択一だな、と個人的には思っております。

 

皆さんは、どうですか?