Pocket

ラグビー ワールドカップ 日本代表 外国人選手 多い なぜ 理由

引用:https://www.sankei.com

 

盛り上がりを見せているラグビーワールドカップ2019。

プールAで、現在ランキング1位の日本ですが、これからの試合結果によってはまだまだ分からない…といった所が否定できない、ワールドカップ。

 

今夜は、今後の順位を左右するであろう…サモア戦が行われます。

 

そんな盛り上がり絶頂のラグビーですが、

試合を見ていて、日本代表なのに「外国人選手が多いのはなぜ?」と疑問を持たれたことはありませんか?

 

代表選手と言えば、その国の国籍が必須が条件だったりしますが、

ラグビーは、代表条件がユニークなことで知られています。

 

サモア戦の直前に、

「日本代表選手に、外国人選手が多いのはなぜ?」という疑問に今日は迫ってみたいと思います!

 

Sponsored Link

ラグビーワールドカップ、日本代表・外国人選手

現在ラグビー日本代表:31名の内、15名が外国出身選手(※帰化選手を含む)です。

 

国の内訳は、以下です。

トンガ5人・ニュージーランド5人・南アフリカ2人・サモア1人・オーストラリア1人・韓国1人

となっています。

 

【トンガ】

■中島 イシレリ選手

■ヴァル アサエリ愛選手

■ヘル ウヴェ選手

■アマナキ・レレイ・マフィ選手

■アタアタ・モエアキオラ選手


【ニュージーランド】

■トンプソン ルーク選手

■ツイ ヘンドリック選手

■リーチ マイケル選手

■レメキ ロマノ ラヴァ選手

■ウィリアム・トゥポウ選手


【南アフリカ】

■ヴィンピー・ファンデルヴァルト選手

■ピーター・ラブスカフニ選手


【サモア】

■ラファエレ ティモシー選手

 

【オーストラリア】

■ジェームス・ムーア選手

 

【韓国】

■具 智元選手

 

 

では、なぜ日本代表登録選手の約半数が外国人選手という事態になっているのでしょうか?

 

 

Sponsored Link

ラグビーW杯・日本代表に外国人選手が多いのはなぜ?理由

その理由は、ラグビーの代表選考条件にありました。

【ラグビー、日本代表の条件】

ラグビーの場合は、国籍ではなく以下の条件のどれかを満たす場合と定められています。(当該国とは、日本のこと)

 

条件①当該国で出生している

条件②両親・祖父母の1人が当該国で出生している

条件③プレーする時点の直前の36ヶ月間継続して、当該国を居住地としていた

条件④当該国で累積10年に渡り居住していること

 

上記の条件のいずれかを満たせば、日本選手として代表出場がOK。とされています。

 

 

但し、1度選んだ代表チームは変更出来ないため

(外国人選手は)日本代表としてプレーすると、自国の代表選手にはなれない。ということになります。

 

このような厳しい日本代表選手の選考条件を見ると、

自国の代表の権利を蹴ってまで、日本代表としてプレーをする外国人選手が一層誇らしく思えますよね。

 

 

日本代表のキャプテンを務める、リーチ・マイケル選手。

 

 

ニュージーランドの出身で、15歳の時に札幌の高校に留学。

そこから日本でラグビーの経験を積んできた歴史がありますので、リーチ・マイケル選手の場合は

条件③・④に当てはまってくるのではないか?と思われます。

 

 

 

チーム最年長、38歳のトンプソン・ルーク選手も、外国人選手枠の日本代表選手&そして

ワールドカップも今回の出場で4回目という、経験も豊富な注目選手。

 

関西を拠点に活動していることもあり、関西弁もペラペラで日本文化に慣れ親しんでいる姿もまた、気さくで親近感が沸きますよね。

 

 

いよいよ今夜は、注目試合のサモア戦。

日本代表・外国人選手に注目して、試合をご覧になってみてはいかがでしょうか?