Pocket

北関東、群馬、ぐんま昆虫の森、カブトムシ、昆虫、見たい、触れたい、場所

 

2019年も夏休みに突入し、”子供と一緒にお出かけする場所”に悩む、ママやパパも多いのではないでしょうか?

 

我家は、夏休みに入り早速、息子の念願だった「ぐんま昆虫の森」というテーマーパークに

日帰りで遊びに行ってきました。

後のトピックで詳しく説明しますが、ここは野生の昆虫と直に触れ合えるスポット。

 

 

真夏の今の時期の昆虫といえば、やはり”カブトムシ”や”クワガタ”などの、森の王様昆虫。

都会住まいだと、ショッピングセンターで売られている販売品でしか、最近では見れなくなってしまった”カブトムシ”や”クワガタ”が、自然の姿で見ることが出来ます。

 

昆虫好きのお子様にはたまらないスポット、ぐんま昆虫の森。

実際に行ってきた様子を詳しくレポしますね。

 

Sponsored Link

北関東・群馬、カブトムシと言えば【ぐんま昆虫の森】

我家は神奈川県住まいなのですが、片道2時間半かけて行ってきました、”ぐんま昆虫の森”

東京や神奈川からは、2時間ほどで行けますので、日帰りでも十分楽しめるスポットになっています。

 

夏休み中ではありましたが、平日だったので園内はガラガラ。

園内はとても広いので、休日でもそこまでの混雑は無いように思われます。

 

駐車場も無料で、約300台の駐車スペースがあります、駐車場は1箇所。

駐車場から歩くこと、1分ほどで「チケット売り場」に到着。

北関東、群馬、ぐんま昆虫の森、カブトムシ、昆虫、見たい、触れたい、場所

 

”ぐんま昆虫の森”は、群馬県立の施設ということもあり、入園料も”激安”なところが嬉しいポイント。

入園料は、大人:410円、高校生・大学生:200円、中学生以下:無料。

 

なので、小学生や幼稚園児のお子さん2人のご家族で行けば、大人のみ:820円で、施設を楽しむことが出来ます。

ぐんま昆虫の森、詳細は⇒⇒⇒⇒こちら。

 

Sponsored Link

チケット売り場を抜けると、”ぐんま昆虫の森”施設内ですが、ここから~冷暖房完備の”昆虫観察館”までは、少し上り坂で距離があります。

 

5分くらいですが、真夏の炎天下には結構なキツさがありますので、

特に小さいお子様やお年寄りの方には、注意が必要かもしれません。

 

”ぐんま昆虫の森”の中で、冷暖房が完備されている館は、入り口入ってすぐに集中しています。

ここから、一歩先⇒森や林に入ると、そのような避難場所的な建物は一切無くなります。

 

今の真夏の時期や、寒い時期などは、建物内が唯一避難できる場所になりますので、是非有効活用して下さい。

 

 

Sponsored Link

北関東・群馬、カブトムシと言えば【ぐんま昆虫の森】レストラン、授乳室の利用は?

飲食が出来る所や、お土産屋さん、授乳室も、こちらの建物内に集中しています。

 

ですが、レストランと言っても…軽食のみのイートインカフェ的なスペースが1つあるだけ。

広大な敷地を要する”ぐんま昆虫の森”にしては、飲食スペースが極端に少なく&狭いのが、気になりました。

 

また、カフェで扱っている飲食も、うどんやカレーなどの丼系の軽食と、唐揚げやフランクフルトなどのスナック系&飲料のみ。

少しさみしいです。

北関東、群馬、ぐんま昆虫の森、カブトムシ、昆虫、見たい、触れたい、場所

 

まだ平日だから、混雑も無くスムーズでしたが、

休日は、食べ物にありつくのも…おそらく大変になると思いますので、是非「昼食」の確保は事前に済ませて置かれることをオススメします。

と言っても、”ぐんま昆虫の森”近隣に、コンビニはありません。のでご注意を。

 

また、お弁当を持ってきて食べることもできますが、

この時期の外の炎天下で食べるのは、正直キツイです…(テーブル付のベンチ等は、森の中にいくつかありました)

昼食をどうとるのか?がポイントです、

 

小さなお子さんと一緒に行かれる方は、昼食の対策をしっかりとって、遊びに行かれて下さいね!

 

自動販売機は、駐車場~昆虫観察館あたりは数がありますが、一歩森や林に入ってしまうと、ありませんので、

この時期は是非水筒の持参をオススメします。

 

赤ちゃんとご一緒にご来園の方も、安心して下さい。

授乳室の用意もありますが、昆虫観察館に1つだけです。

比較的空いている平日でも、順番待ちをして使用されていたので、(使用に)ある程度の待ち時間は発生するもの。と思っていた方が良いかもしれません。

 

Sponsored Link

カブトムシや昆虫に触れる・見られる【ぐんま昆虫の森】

入り口付近にある、昆虫観察館以外は”屋外”のぐんま昆虫の森。

一歩、森や林に入ると、自然そのままのカブトムシや昆虫がわんさかいますので、昆虫好きなお子様にとってはもう天国みたいな場所です。

 

ただし、昆虫の持ち帰りは一切出来ない”ぐんま昆虫の森”

その場で触れて、元の自然に返す”キャッチ&リリース”をコンセプトにしています。

 

その為、無料で”虫取り編み”と”虫眼鏡”を貸してくれますので、園内であれば自由に昆虫採集ができます。

息子の目的は、自然のカブトムシ。

 

カブトムシスポットは、施設側で良く集まるスポットを地図で教えてくれるので、そこに行けばほぼ100%の確率でカブトムシで遭遇することができます。

カブトムシの稀少を忘れてしまうくらい…

コナラの木の樹液に20匹ほどのカブトムシが、わんさか集まっていましたよ(笑)

 

Sponsored Link

 

ですが、そこは昆虫の楽園。

危険な昆虫もいたり、今の時期蚊はブンブンなので、虫よけ対策はもちろん…日よけ対策もしっかりして行って下さいね!

 

今からが夏休み本番!というこれからの時期、料金もお手頃で、1日まるっと遊べる施設の”ぐんま昆虫の森”、

昆虫好きなお子様に是非!!