Pocket

女優 のん 綺麗 美人 激変!今後の出演作は? 注目 セカンドステージ

引用:https://www.google.com/

 

女優の”のん”さんが、2019年復活!の大進撃を見せています。

 

女優の”のん”さんと言えば、NHKの朝ドラ”あまちゃん”で主人公を演じブレイクを果たしながら、所属事務所とのゴタゴタ&事務所との契約の解除問題があったり、

その後の活動も、前事務所からの圧力によって芸能活動が阻められていたり…と、ゴタゴタ続きでした。

 

ですが、

前事務所からの圧力問題が解除されると、のんさんの女優としての活躍・活動が目立つようになり、

また、のんさん自身も何かから解き放たれたように…最近グッと綺麗に美人に激変したのには驚きです。

 

今日は

ここ最近の活動とこれからの出演作をまとめ、セカンドステージで頑張るのんさんを深堀りしていきます。

 

Sponsored Link

女優 のんが綺麗美人に激変!可愛いから大人の女優へ

昨年の2018年後半から、徐々にではありますが…芸能活動を頑張るのんさんが、私達の目に入るようになりました。

 

つい最近では、第32回東京国際映画祭に自身が声優として出演した「この世界の片隅に」の上演を記念して、

レッドカーペットを歩き、久しぶりに報道陣の前に姿を現した、のんさん。

 

 

その姿は、”あまちゃん”の可愛い印象だった、能年玲奈さんから

綺麗で美人な大人の姿を漂わせる、のんさんへと印象が激変していました。

 

少し痩せてほっそりした印象の、のんさん。

 

顔が激変すると、女優さんは”整形??”などと言われてしまいますが、

のんさんの場合は”痩せたこと”と、以前の太くて濃い眉毛が、”綺麗に整った薄い眉毛”になったことが、印象が激変した理由だと考えられます。

 

ちなみに、こちらが”あまちゃん”に出演していた時の、のんさん。

 

女優 のん 綺麗 美人 激変!今後の出演作は? 注目 セカンドステージ

引用:https://www.google.com/

 

”あまちゃん”に出演していた時、のんさんは19歳。

まだあどけなさが残る年齢で、印象も”美人”というよりは、”可愛い”という印象でした。

 

また、10月28日発売の雑誌「Numero TOKYO」の表紙&特集ページにも、のんさんが登場!

こちらの表紙ののんさんは、国際映画祭で見せた艶やかな印象とは異なりますが、ボーイッシュな中に大人の雰囲気を持ち合わせた表情をしています。

 

 

 

また、11月1日発売の雑誌「BRUTAS 」の表紙も解禁!

 

様々な分野からオファーが続々と届いている、のんさん。

私達の目に触れる機会も、今後多くなってきそうですね!

 

 

Sponsored Link

女優 のんが綺麗美人に激変!気になる、セカンドステージ。

セカンドステージとして、のんさんが再び注目されたのは、こちらのユニクロのCM&モデルではなかったでしょうか?

大手企業のテレビCMで、”のんが帰ってきたー!!”という感じに世間がなりましたよね。

 

 

CMにのんさんを起用したことで、カーブパンツ売上も順調だったというユニクロ。

前作の起用が大好評だったということもあり、今期もフリースパジャマのイメージ広告モデルとして、のんさんを起用。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

のん(@non_kamo_ne)がシェアした投稿

 

順調なセカンドステージを開花させたように見える、のんさん。

以前は”女優”と”モデル”の肩書きでしたが、セカンドステージ後ののんさんは、能年玲奈から”のん”の改名はもちろん、その肩書もどっと増えました。

 

メインは、女優/創作あーちすと の2つですが、

”創作あーちすと”の肩書の中には、歌手/監督/脚本家/編集業…などのクリエティブな肩書が多く含まれています。

 

そのワケが、YouTubeで配信されているのんさん全面プロデュ-スの動画「のんたれ(I AM NON)」

こちらの動画は、のんさんが監督を手掛けた映画『おちをつけなんせ』(こちらもYoutubeで配信)の舞台裏を追ったドキュメンタリー動画で、

この動画にて、監督だけでなく、主演、脚本、演出、衣装、編集、音楽など全ての工程を自身の手で手がけている、のんさん。

 

 

 

自らを”創作あーちすと”と名乗り、演技者の立場だけではなく、様々な角度から1つの作品を追求しています。

 

その道のプロの人に1か月ちょっとで追いつけるわけがなくて。

完成して見てみるとやっぱり稚拙な部分も多々あって、最初は“出すのが恥ずかしい”とも思ったんですけど、1回自分でやってみると“もっとこうしたい”という欲が出てきて、次への勇気やモチベーションに繋がってくるんですよね。

そうやって、そのうち何かを掴む突破口に繋がってくるんだと思うんです。

引用:https://www.oricon.co.jp/

 

 

2017年には、自身のレーベルを「KAIWA(RE)CORD」を立ち上げ、シングルとアルバムを発売。

 

 

そして、2018年には自身初の展覧会「‘のん’ひとり展‐女の子は牙をむく‐」を開催。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

のん(@non_kamo_ne)がシェアした投稿

 

”創作あーちすと”として、自身プロデュ-スで様々な分野を仕掛ける、のんさん。

この経験が、さらなる女優のお仕事に拍車を掛け、他の女優さんとの差別化となるのんさんの”オンリーワン”の武器となりそうですね。

 

Sponsored Link

女優 のんが綺麗美人に激変!今後の出演作は?

セカンドステージの活躍が目覚ましいのんさんですが、今後はどのような作品作りや芸能活動を行っていくのでしょうか?

 

本日、(10月30日)には「ファンクラブ」を再始動させることが発表されました。

今後は、ファンとの交流を深めるようなファンミーティングやイベントの開催も予定されそうですね。

 

また、2020年4月からは自身初のラジオ番組を持つことに!

番組名や詳細はまだ分かっていませんが…パーソナリティーとして担当することが明らかになりました。

 

その他、イベントの出演や雑誌&CM撮影など、スポット的なお仕事が目立つ、のんさん。

 

当然ながら、映画や民放ドラマへの出演オファーの声も囁かれてはいますが(この声に対しては)…

 

のんが演じている姿を、気軽に毎日テレビで観たいって思ってもらえるのはすごくうれしいし、光栄なことだなって。

でもこの3年間、本当にいろんなことに好奇心旺盛にチャレンジしてきて、全部の活動を通してちゃんと「のんであること」を表現しているつもりなので、のん自体を面白がってもらえたらうれしいなって思います。

引用:https://www.oricon.co.jp/

 

 

このアンサーから推測するに、今は女優以外の”創作活動”に興味津々の気配がする、のんさん。

 

しばらくはドラマ出演の女優業はお休みして、その他のクリエイティブ活動を優先させるのでしょうか。

”創作あーちすと”として、また新たなチャレンジをするのんさんに注目が集まります!