Pocket

東京オリンピック 札幌 マラソンコース 発着地点 問題点 まとめ

 

 

2020東京オリンピックのマラソン開催地が札幌に決定しました。

 

”暑さ”を理由に、IOCのバッハ会長の一言で開催地がひっくり返ってしまった、マラソンと競歩のオリンピック&パラリンピックの開催地。

 

この決定に対して、小池百合子東京都知事は

「都として同意はできないが、IOCの決定を妨げることはしない。合意なき決定だ」と、前向きな合意では無かったことを強調。

 

この決定で、東京開催で色々と準備を進めていたことがすべて白紙に戻り

東京でのマラソンコース沿道の自治体やお店などの関係各所、マラソンの観覧チケットを確保できていたチケット当選者、選手や関係者の宿泊を巡るホテル関係者…など、様々な方面に影響を及ぼしています。

 

中でも、札幌での走行コースがまだ未確定という所も、2020東京オリンピックまであと1年を切ったこの時期には大きな痛手。

加えて、マラソンと競歩の発着地点はどこに決着するのでしょうか?

 

今日は、札幌のマラソンコースのスタート&ゴール候補地をご紹介していこうと思います。

 

Sponsored Link

東京オリンピック・札幌マラソンコース&発着地点と問題点は?

専門家によると、

マラソンのスタート&ゴール地点を、400mトラックにしなくてはいけないルールは特別設けられていないが、

オリンピックでは開閉会式の会場でトラックを走ってゴールするのが”最大の見せ場”なんだそう。

 

なので、東京開催でのマラソンのコースは、

スタート&ゴール地点も”新国立競技場”に設定がされていました。

引用:https://www.google.com/

 

では札幌開催が決定した今、札幌でのマラソンのコースは一体どうなるのでしょうか?

 

ここにも、IOC側と東京オリンピック組織委員会側、両者の意見が割れているようです。

札幌近郊で、スタート&ゴール地点となりそうな候補地は4箇所。

 

次のトピックにて、詳しくご紹介していきます!

 

 

Sponsored Link

東京オリンピック・札幌マラソンコース、候補地①札幌ドーム

札幌近郊の施設で、一番の観客収容人数と設備を兼ね備えているのがこの札幌ドーム

札幌ドームは、IOC側が推している会場の一つでもあります。

 

400Mの陸上トラックは無いですが、設置は可能。とのこと

 

引用:https://www.google.com/

 

ですが、札幌ドームに選手が出入りする”出入り口の幅の広さが問題”になっています。

 

札幌ドームをスタートし、選手がドーム外に出て行く場合は、緊急車両の手入り口を使うことが札幌ドームの施設上マストになるらしいのですが、

その出入り口の幅は、”4Mと6M”と言った、極狭の出入り口。

 

これでは、150名以上の出場選手がいるマラソンでは、怪我や転倒といった事故につながる可能性があります。

出入り口が狭小な施設が、札幌ドームです。

 

これを修繕&修理をかけるとなると、数十億円の費用が掛かるようですし

費用はもちろん、オリンピックまで1年を切った今、時間もあまり無いのが現状です。

 

実現は可能なのでしょか?

 

 

Sponsored Link

東京オリンピック・札幌マラソンコース、候補②真駒内セキスイハイムスタジアム

2つ目の候補地となっているのが、”真駒内セキスイハイムスタジアム”

ここは、東京オリンピック組織委員会が推している候補地です。

 

 

1972年の冬季オリンピック札幌大会・開会式が行われた場所で、収容人数は1万人。

400Mトラックはありませんが、走行が短めなストロークはあり。

 

また屋根が無いスタジアムのため、観客の観覧時には”暑さ対策が必須”な競技場になってきます。

 

 

Sponsored Link

東京オリンピック・札幌マラソンコース、候補地③円山競技場

札幌国際ハーフマラソンで使用の競技場。

1934年竣工と古さの残る競技場であるものの、400Mトラックはあり。

 

引用:https://www.google.com/

 

問題点は、高低差。

丸山競技場、500Mの手前から高低差20Mある上りが続く。

 

ゴール手前のこの上りは、選手にとってはキツイのでは?

また、真駒内アリーナと同様に、屋根の無い競技場で観客の”暑さ対策”は必須。

 

 

Sponsored Link

東京オリンピック・札幌マラソンコース、候補地④大通公園

北海道マラソンの発着地にもなっている、大通公園。

2020東京オリンピック、札幌でのマラソンコースはこの大通公園を発着とするコースが一番有力視。と言われていますが、ここでも問題は山積み。

 

引用:https://www.google.com/

 

■オリンピックが開催される夏は、毎年「さっぽろ夏まつり」が大通公園で開催されている

■公園内に銅像が花壇が多く、選手の走行の妨げになる可能性はある

■大通公園外の周辺道路の狭さ

■観客席が設けられない→チケット販売無しか?

といった諸問題が挙げられます。

 

 

どの候補地も即決定!とは行かない諸問題が山積みです。

 

候補地が白紙に戻ってしまった今、まずはコースの選定とスタート&ゴールの発着地から決めなければならなくなってしまった、オリンピック組織委員会。

 

公認コースの計測は自転車計測で行うことが決まっています。

札幌はこれから雪の時期を迎えますが、雪が降ると自転車計測はできません。

GPSを使うなどの予備計測といったある程度の計測は冬でもできますが

引用:https://dot.asahi.com/

 

 

季節は冬を迎えようとしています。

北海道に雪が降る前に一刻も早い、コースの決定が急がれます。