Pocket

武漢帰国者 搬送先 荏原病院 コロナ判定検査 ホテルはどこ? 特定

 

中国・武漢からの邦人帰国者の第1陣が、29日の朝に日本に到着しました。

 

飛行機に搭乗する前から、咳や発熱の症状がある方が複数名いるという今回の第1陣の帰国者の方々。

日本に帰国後、症状がある方は『病院』へ

 

そして症状が無い方も『自宅』・あるいは国指定の『ホテル』で数日の隔離待機。という処置を取るそうですが、

発熱や咳などの症状が現れた方は、どこの病院へ搬送されたのでしょうか?

 

武漢からの帰国者のその後の足取りを追って行きたいと思います!

 

Sponsored Link

武漢帰国者の搬送先病院(コロナウイルス判定検査)はどこ?【特定】都内

 

政府のチャーター機で帰国された方で、発熱や咳などの症状が現れている方は、検査の為都内の病院に搬送されたとのことです。

 

熱や咳があるから…といって、この時点でコロナウイルスへの感染が認められたワケではないので、

病院できちんと検査をして…という手順なのでしょう。

 

気になる、武漢からの帰国者が搬送された病院ですが

SNSを中心に以下の病院の名前が上がっています!

 

Sponsored Link

武漢帰国者の搬送先病院(コロナウイルス判定検査)【特定】都立荏原病院

 

荏原病院は、東京都大田区にある

東京都保健医療公社が運営している病院になりますね。

 

病院は、『〇〇会』とか大学附属の病院なんかが多いと思いますが、都が運営している病院は珍しいのではないでしょうか?

 

武漢帰国者 搬送先 荏原病院 コロナ判定検査 ホテルはどこ? 特定

 

引用:https://www.google.com/

 

 同病院には、空気を外に漏らさないように気圧を低くする「陰圧室」が11床ある。

救急搬送口から患者を受け入れた後、防護衣やマスクを身につけた医師らが1階の専用の診察室で症状を確認し、陰圧室まで運んで治療をするという。

感染症内科の中村ふくみ医長は「患者らの症状に合わせて、適切に対応していきたい」と話していた。

引用:https://www.yomiuri.co.jp/

 

 

 

荏原病院には、感染症に対しての病院設備や専門科医の常駐など、

今回の新型コロナに対しての対策が十分な病院である。と言えます

 

また、東京都は上記の荏原病院の他に

豊島病院や都立駒込病院・都立墨東病院に患者を搬送する方針を定めているということで、

今回の武漢からの第1陣の帰国者の中で感染の疑いのある方は、荏原病院への搬送となりましたが、

第2次・第3次帰国者の中で感染の疑いがある方は、検査の為荏原病院以外の3病院へ搬送される可能性も高いと思われます。

 

荏原病院も含め、上記の4病院は”陰圧室”や”感染症治療に対応できる病床約50床を確保し、受け入れ準備を勧めているとのことです。

 

 

Sponsored Link

武漢帰国者の搬送先病院【特定】都立荏原病院、巷の反応は?

 

まだ感染が確認されていない段階ですが、

荏原病院を日頃から利用している方や、ご近所の方はやはり動向が気になるものですよね。

 

巷の反応を見ていきましょう。

 

 

 

Sponsored Link

武漢帰国者の搬送先病院(コロナウイルス判定検査)【特定】豊島病院

 

武漢帰国者の搬送先病院(コロナウイルス判定検査)【特定】都立駒込病院

 

 

武漢帰国者の搬送先病院(コロナウイルス判定検査)【特定】都立墨東病院

 

 

武漢帰国者の滞在先ホテルはどこ?【特定】

 

咳や発熱の症状が無い方は、政府側が用意した『ホテル』にて経過観察の為、10日ほど”隔離”になると言いますが、その”ホテル”とは一体どこのホテルなのでしょうか?

 

こちらは現在、調査中ですので

分かり次第【追記】していきます!