Pocket

知らなかった! 飲料食品扱いではない 税率10% 対象物 食玩 みりん リポビタンD

 

 

2019年10月1日、消費税が10%に増税となりました。

 

今回の10%増税は、”軽減税率”や”キャッシュレス還元”など、前回の消費税5%から8%に引き上げられた時には無かった、支払い制度や税率が新たに加わり

増税の話を、少しややこしくしている気がします。

 

実際、増税がスタートした深夜0時から朝にかけては、お店や駅の改札などでトラブルも相次いだと言います。

 

そして今回の増税、話をややこしくしているのが、”軽減税率”制度。

簡単にいうと、

”日常生活に必要な生活必需品は税率が8%のまま、その他は10%に引き上げますよ”というものですが、

生活必需品の中において、8%のままのものと10%のものの線引が曖昧な点。が大きいと思われます。

 

今日は、そのあいまいな”線引”について具体的な商品3つ例にあげてお話していきます。

 

Sponsored Link

軽減税率8% 飲料食品扱いではない【税率10%対象物】

まず軽減税率8%の据え置き税率となっているものが、

■飲料食品

■新聞

の2種類だけ。

 

この2種類に該当しないものは、消費税10%の増税対象となるのですが、

■飲料食品

の中に、税率が8%のものと、10%のものが混在している。ということが、ややこしさの原因の1つになっています。

 

つまり、飲み食いできる全ての”飲料食品”が8%対象ではない。ということです。

 

また、飲料食品を購入した際に、「どこで食べるか?」によっても税率が異なってきます。

 

例えば、コンビニの商品を例にとって具合例をあげると、

ex)

・コンビニで買ったおにぎりを、持ち帰って食べるように買ったら⇒消費税は8%

・コンビニ内のイートインスペースでそのまま食べたら⇒消費税は10%

となります。

 

Sponsored Link

なのでこの場合

「(持ち帰らず)イートインスペースでそのまま食べる場合」は、増税10%の対象ということになります。

 

増税に伴い、様々なルールが制度化されたことによって、更に複雑さを生んでいる今回の増税。

次のトピックでは

私達の身近にある商品を例に取り上げながら、増税10%の対象物を見ていこうと思います。

 

きっと、

「これは8%なのに、なんでこれは10%?」という疑問が出てくると思います。

 

 

Sponsored Link

飲料食品扱いではない【増税10%対象物】食玩

皆さん、”食玩”ってご存知ですか?

うちの5歳の息子も大好きで、スーパーに行く度に”買って!”とせがまれる、

”おもちゃ付お菓子”のことですね。

 

 

最近は、お菓子の付属品の”おもちゃ”に見えないようなクオリティーの高いおもちゃが付いていることもあるので、コレクターとして大人の方でも集めているほど。

 

そんな”食玩”ですが、ややこしいのが

税率10%の「玩具(おもちゃ)」と、軽減税率8%対象の「飲料食品」が合体している商品だということ。

 

この場合、税率は8%と10%どちらが適応になると思いますか?

 

正解は「食玩の種類によって、税率がそれぞれ異なる」というのが、答え。

食玩という一括りで税率が8%か10%か?ということではなく、「お菓子と玩具の割合」で決まるということ。なんです

 

ややこしいですね~。

 

■(食玩全体の)おもちゃの割合が3割以上の場合は、玩具扱いになり税率は10%

■(食玩全体の)おもちゃの割合が3割以下の場合は、飲料食品扱いになり、税率は8%

 

食玩の中のおもちゃの割合の比率は、メーカーさん指示とのことなので、

同じアイテムの食玩であれば、どこのスーパー・量販店で購入しても、税率は変わりません。

実にややこしくて、複雑です。

 

 

Sponsored Link

飲料食品扱いではない【増税10%対象物】みりん

ご家庭の料理で使うことの多い”みりん”

みりんはお酒を原料とする調味料ですが、調味料も中に入っているお酒のアルコール度数で酒か酒以外の分類か?が分かれてきます。

 

■アルコール度数が1%以上が酒対象として、税率10%

■アルコール度数が1%未満が飲料食品扱いで、税率8%

となっていて、

引用:https://www.google.com

 

みりんを当てはめると、

■本みりん(アルコール度数1%以上)⇒⇒⇒税率10%

■みりん風調味料(アルコール度数1%未満)⇒⇒⇒税率8%

 

”みりん”とネーミングされていても、

本みりんか、みりん風か、によって税率が違ってくるというからくりがあります。

 

味も見た目もあまり変わらない、みりんとみりん風調味料ですが、

税率で比べると2%の違いが生まれることになります。

 

 

Sponsored Link

飲料食品扱いではない【税率10%対象物】リポビタンD

最後にご紹介する税率10%商品が、”リポビタンD”。

 

所謂、栄養ドリンクっていうやつですね。

学生を始め、働く世代の方には、馴染みがある商品ではでいでしょうか?

 

 

こちらのリポビタンD、”指定医薬部外品”のカテゴリーに位置していて、飲料食品ではないので

■税率は10%商品

 

ですが、同じ栄養ドリンクで私達に馴染みがある”オロナミンC”

こちらは”指定医薬部外品”ではなく、普通の飲料扱いなので、

■税率8%商品

 

 

上記2商品、もちろん成分や効能にれっきとした違いがあるのですが、

素人な私達から見れば、

”リポビタンD”も”オロナミンC”も同じカテゴリーに認識されている訳で、(実際、薬局やコンビニにいっても、同じケースや似たような場所に置かれていますもんね)

 

これも、みりんと同じで税率が異なることに正直違和感が生まれるわけです。

 

 

このように多くの混乱から始まった、今回の税率10%への増税。

また、キャッシュレス還元制度なども加わることで

消費者側の私達は、きちんとした情報の獲得/そして販売をするお店側は、対応の制度化までに少し時間がかかりそうです。